りそな銀行住宅ローン審査する方法!

りそな銀行住宅ローン審査する方法!

りそな銀行で住宅ローンを組む際に、ローン審査を通過するためのポイントやコツがいくつかあります。その考え方の中には、金融機関側からの視点で見た住宅ローン審査のポイントや私たち利用する者の側からみたポイントがあります。

 

りそな銀行など金融機関側においてローン審査する中、最も大きなポイントとなるのは非常に長い住宅ローンの返済を無難、また安定性のある返済をしてもらえるのかどうかということになります。勿論、ローン返済の対象物件は抵当権がかかっているため、もし万が一、返済が滞っていても支障はないといえます。物件が回収できたとしても今の不動産市場の状況変化によっては競売価格そのものが低くなることもありますので、その際には損失は発生するかもしれません。

 

また、住宅販売価格とローンに融資した金額や借り手の収入はどうでしょうか。そのつり合いがとれなければローン審査はうまく通過できないといえます。そして私たち利用者からみたポイントには、担保物件自体の評価額があります。物件によりローンで認められる金額以上の返済がかせられたとすると、利用者側の負担は大きくなり生活費の中野可処分所得は減ることになります。この返済時にかかる返済負担率を考えないといけません。

 

この数字が収入の40%を超える際は物件そのものの変更を検討する方が良いでしょう。また、ローン審査を通過するコツとして決して返済に無理をせず背伸びもしないようにすることです。住宅ローンで早い返済を考え、背伸びをすると後で必ず苦しむことになります。不動産業者の側が悪徳である際、販売額を普段よりも高めに設定してある場合があります。物件の販売価格とローンの対象額がバランスよく設定されているのかを確認する必要があるでしょう。

 

住宅ローンが通過しない理由は決して年収ではないのです。年収はあくまで融資する金額の上限枠をみているにすぎないのです。それよりも収入と支出のバランスが整っているのかどうかの方が重要といえます。ロン審査が通過する際に、利用者に融資しても、しっかりと滞りなく継続した返済がされるのかどうかが問題なのです。また身近な方でローン審査を受けられた方がおられるのなら、審査が通過した理由を聞くのもいいでしょう。

 

また、いくつかのローン審査を同時に申込みされてはいかがでしょうか。銀行側は一件でも多く、利用者が必要ですし、ローンに絡んだ利益を欲しがるものです。審査に対してライバルがいるのといないのとでは条件を提出する側も大きなポイントになるでしょう。

 

スポンサードリンク