沖縄海邦銀行住宅ローン審査通過のコツ

沖縄海邦銀行住宅ローン審査通過のコツ

沖縄県内でマイホームの購入をお考えの方は、物件探しと同時に住宅ローンについても考えていく必要がありますね。沖縄県には複数の銀行がありますが、様々なサービスを提供している沖縄海邦銀行の住宅ローンを検討してはいかがでしょうか。
県内ではかいぎんの愛称で親しまれている沖縄海邦銀行ですが、住宅関連のローンには変動金利型や三大疾病保障特約付、金利選択型、リフォームローン、かいぎんフラット35といった豊富なローン商品を用意しています。このうちかいぎんフラット35は最長で35年という長期のローンが組める商品になっており、金利は固定金利型になります。35年間で借入する場合でも返済額が一定ですから、社会情勢の変化によって急激に返済額が上がることもないので安心です。
かいぎん35を選択した場合、融資金額は上限が8000万円までとなり、融資期間は15年から35年以内で設定することになります。融資を受けるためには対象となる条件を満たしている必要があり、申込時に年齢が70歳未満であったり一定の年収を上回っていなければなりません。年収が400万円未満の場合は基準が30%以下となり、400万円以上の場合は35%以下と決められています。
借入する資金の使途は本人か親族が住むための住宅資金となり、新築住宅の場合は建設と購入のための費用として使えます。中古住宅なら購入資金として使えますが、リフォームを行うための資金としては利用ができないようになっています。
借入を希望する方は沖縄海邦銀行に行って申込を行いますが、誰でも利用できるというわけではありませんね。保証会社が設定している審査基準を満たしていなければなりませんが、基本的な基準項目としては申込人の年収や勤続年数等が挙げられます。年収と借入希望額のバランスが取れていないと、審査に通ったとしても借入額が減額される可能性が高いでしょう。現在の勤務先に勤め始めてからの期間が短い方は審査に通過する可能性は低くなります。少なくとも一年以上は勤務していることが条件となりますが、様々な角度から審査を進めていくため勤務年数は長い方が安心です。転職したばかりで一定の収入を得ている方でも勤続年数が経っていないと難しくなるので、住宅ローンの利用を検討している方は転職の時期を延期した方がいいでしょう。
銀行に提出する書類は本人確認書類の他に所得証明書や住民票謄本、印鑑証明書、売買契約書、不動産登記簿謄本等があります。

 

スポンサードリンク