琉球銀行住宅ローン審査通過のコツ

琉球銀行住宅ローン審査通過のコツ

「ながいおつきあい」のフレーズで知られているりゅうぎん、こと琉球銀行では沖縄県内在住者で新築住宅の購入を考えている方から、県外から県内移住に向けての住宅購入を考えている方まで様々な方を対象にした住宅ローンも展開しています。

 

また商品ラインナップだけでなく、琉球銀行の住宅ローンは平日に営業している銀行窓口の他に休日に営業しているローンセンターでも申込できることも人気の理由の1つです。県内金融機関の中でも借入時だけでなく、返済計画や固定金利期間満了後の変動金利への変更といったその後の手続きの際も親身に相談に乗ってくれると評判の高い琉球銀行の同ローンですが、審査結果も約2営業日後と住宅という大きな金額の融資にも素早く対応してくれます。そんなりゅうぎんの住宅ローンの審査をよりスムーズに通過するには3 つのコツがあります。

 

 

まず申込時段階で必要なのが「必要書類を全て揃えた上でも来店すること」です。当然に聞こえるかもしれませんが、住宅ローンはその金額の大きさからも通常のローンよりも提出すべき書類が多く存在します。ほぼ全員の方で必要になってくる確認書類として本人確認書類、源泉徴収票や所得証明書、印鑑証明があげられます。また商品によっては売買契約書や工事見積書などの提出も必要です。中には平日にしか空いていない役所でしか取得できない書類もあるので、ご自身の借入の際には何が必要になってくるのかをあらかじめ確認しておくとスムーズに手続きができます。

 

 

また借入には仮申し込み書の記入から行うのが原則ですが、「個人情報を正確に記入すること」も重要です。契約書を交わすときに現在の住所が建物名も含めて住民票通りの名称になっているかといった点は融資実行の際に最重要になってきますし、会社への在籍確認を素早く通過するためには申込内容を正確に記入して素早く行なってもらう必要があるからです。もし少しでも不備があれば一旦確認を取らねばならないので最初から大きな記入漏れ等がないようにしておくと良いです。

 

 

最後に「日頃からりゅうぎんを使っていること」も審査に通過しやすくなるための秘訣です。給料受取や公共料金の引き落としといったものを琉球銀行口座で行うと審査の際に有利になる場合もあります。

 

 

以上県内金融機関において金利面だけでなくアフターケアでも評判の高いりゅうぎんの住宅ローンの審査通過のコツとなりますが、こちらの仮審査は無料で行えます。どの金融機関で借入をするか迷っているという方は1度詳しい商品内容を問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク