楽天銀行住宅ローン審査通過のコツ

楽天銀行住宅ローン審査通過のコツ

楽天銀行の住宅ローンでは、ニーズに合わせて「金利選択型」「フラット35」「変動と固定」を選ぶことができます。フラット35を扱っている銀行は数多くありますが、楽天銀行フラット35の金利は業界最低金利です。省エネ性能に優れた住宅ならさらにお得な「フラット35S]というプランを選択できます。
さて、楽天銀行に限らず、住宅ローンの審査では、年収と返済比率、勤務形態、勤続年数、勤務先の安定性、年齢、個人信用情報、不動産の担保評価額、健康状態などが重要ポイントとなります。フラット35では団体信用生命保険への加入が任意となっているので、フラット35で団体信用生命保険に加入しない場合には健康状態の審査はなくなります。
住宅ローンの審査でとても重要なのが、返済比率という項目です。返済比率とは、年間返済額から年収を割った値のことで、例えば年間返済額が100万円で年収が500万円の人なら、返済比率は20%となります。この年間返済額には住宅ローン以外の借金も含まれるので、自動車ローンやカードローンなどの借金がある場合には返済比率の値は高まってしまいます。返済比率の値が大きい人は、自動車ローンなどの借金を完済したり、頭金を増やしたりして返済比率を下げてから申込みをしたほうがいいでしょう。特に消費者金融からの借金がある人は優先的に完済をして、解約してしまうことがお勧めです。
返済比率の基準については、銀行によって異なっており、しかもその基準は非公開です。しかしフラット35については公開されており、「年収400万未満の人は返済比率30%、年収400万以上の人は返済比率35%」が上限となっています。フラット35以外で借りる場合にもこの基準は参考になるでしょう。審査に通るためだけでなく、無理なく返済していけるためにも返済比率は25%以下にしておくのが理想です。
高級ローンである住宅ローンの審査では、安定した職業に就いていることがなにより重視されます。高額の資金を最大35年もかけて返済していくわけですから、その時点の収入だけでなく将来の収入についても見られることは当然です。そのため正社員でないと話にならないケースも多いのですが、楽天銀行では勤務形態については非正規社員でも可能であると明記されています。また、転職したばかりで勤続年数が少ない人でも、収入がアップしていたり、職業に連続性がある場合などには前職の勤続年数が考慮される場合もあります。
以上のように楽天銀行の審査はかなり柔軟であることがわかりますが、決して甘くはないので不安要素がある人は、頭金を多めに用意するなどの工夫をしておきましょう。

 

スポンサードリンク