南日本銀行住宅ローン審査通過のコツ

南日本銀行住宅ローン審査通過のコツ

マンションや一戸建ての家を購入する時には、購入資金をどのようにするのかが重要になってきます。

 

資産がある場合には、現金一括で購入するといった事が出来ますが、多くの人々は住宅ローンを借りて購入するケースが多いです。

 

南日本銀行でも、消費者が住宅を購入する為の資金を融資する住宅ローンを用意しています。

 

融資期間は、15年以上から30年以下となっており、満60歳以上の場合には10年以上、完済時の年齢が80歳以下となっています。

 

南銀のローンは、借り入れ総額の比率によっても申し込みが出来るかどうかが決まってきます。

 

年収400万円以上の場合は借り入れ総額の35%以下、年収400万円以下の場合には借り入れの総額の3割以下である場合には申し込みが出来ます。

 

利用年齢は、満20歳以上から満70歳未満となっており、満70歳以上である場合には親子リレー返済を利用すれば、借りる事が可能です。

 

南日本銀行の住宅ローンの審査を通過しなければ、ローンを利用して住宅を購入する事は出来ません。

 

ローンの審査を通過するには、利用年齢や年収の条件をクリアし、更に借り入れ総額が決められた基準以下である必要があります。

 

 

公務員や大企業の正社員であれば、審査の通過の可能性が高まります。

 

自営業などの場合は、税金の支払い状況が分かる書類などを用意したりというように、銀行に収入に関する証明を行わなければいけません。

 

南銀の住宅ローンを申し込む際に必要となる物が担保です。

 

融資対象となる住宅や敷地に対して、住宅金融支援機構を抵当権者とする第1順位の抵当権を設定する形で担保が行われます。

 

一方で、保証人は不要ですので、担保に関する手続きを行っておく必要があります。

 

融資が利用出来る物件は、新築物件でも中古物件でも対象になります。

 

南日本銀行の住宅ローンの審査を確実に通過する為には、南日本銀行が条件にしている内容を全て把握しておき、条件を全てクリアするようにしなければいけません。

 

また、返済が可能であるのかどうかを事前にシミュレーション出来るコンテンツが南銀のWebサイトに設置されていますので、このようなコンテンツを最大限に活用して、

 

月々にどれくらい支払っていけば良いのかを確認しておけば良いでしょう。

 

南銀のローンには、二種類のプランがありますので、借り入れ資金が9割未満か、借り入れ資金が9割以上かによって選択出来るようになっています。

 

審査を通過する為に必要な書類も事前に用意しておくと良いでしょう。

 

スポンサードリンク