香川銀行住宅ローン審査通過のコツ

香川銀行住宅ローン審査通過のコツ

香川銀行の住宅ローンの審査では、申し込んだ人と物件が対象となります。

 

住宅ローンの審査次第では、誰でも借入出来るものでもなく、特に問題がない場合はそれほど心配は必要ありません。

 

しかし、香川銀行の借入の条件を満たしていないときには、申し込む前に審査に通り易くするために事前に準備をしておくことが大切になります。

 

住宅ローンの審査では、総合的に判断を行います。

 

申し込んだ人の属性、そして担保となる不動産の質や価値が重用です。

 

収入が多くても、購入する不動産の担保の価値がなければ借入も難しくなりますし、不動産の価値が高くても、返済能力に問題がある場合も審査には通りません。

 

香川銀行の住宅ローンに申し込む前に、車のローンやリボ払いがある場合は、先に全額返済をしておきましょう。

 

ここでは、個人信用情報、勤務先と勤続年数、健康状態、年収などが条件になります。

 

個人新情報は、クレジットやローンなどをするときに登録されるものです。

 

銀行は、この情報を必ず確認して、過去に延滞などの金融事故に関して調べます。

 

過去に延滞したことがあるときには、5年程度は記録が残っているので、申し込む前に記録が消えているかを調べておいた方がよいです。

 

また、現在のローンやキャッシングなどの残高なども登録されているので、それも完済させておくと安心です。

 

 

 

ただ、他に借入があるといって審査に通らないとは限りません。

 

しかし、他社の借入は、借入出来る金額に影響が出るので、出来れば完済させた方がよいです。

 

銀行によっては、クレジットカードのキャッシング枠も借入金とみなされることもあり、利用していなくても影響が出ることもあるので、不要なカードがあるときには解約して
おいた方が通りやすいです。

 

 

 

また、勤続年数も重要です。

 

大体3年が目安と言われいて、転職していてもキャリアアップしているなら通る可能性もあります。

 

銀行は、収入額と同じぐらい安定性を重視します。

 

そのため、正社員は借入がしやすいですが、契約社員だと安定性に不安があるため審査に通りにくいです。

 

 

 

勤務先は、大企業だと収入の安定性が高いと評価で、中小企業では、やや審査が厳しくなります。

 

ただ、借入が出来ないわけではなく、収入や借入金額、物件の担保評価など総合的に判断されるので、諦めるのは早いです。

 

 

 

自営業の場合は、事業の継続年数が3年以上が目安で、収入の安定性に不安があるため、過去3年間の所得が審査の対象となります。

 

毎年、所得におおきな差があると、低い所得が対象となることもあるので、安定した収入になってから申し込んだ方が安心です。

 

 

スポンサードリンク