鳥取銀行住宅ローン審査通過のコツ

鳥取銀行住宅ローン審査通過のコツ

鳥取県は全国で最も人口の少ない自治体です。中小企業が多く産業活動も活発ではありません。鳥取銀行はそうした県内の特徴に合わせて地元に密着した経営を行っています。県内に本店を置く唯一の地銀である鳥取銀行は、「とりぎん」の愛称で県民に親しまれ、県内12市町村の指定金融機関にもなっています。鳥取県内においてはメガバンクの進出が極めて少ない事もあり、支店網の整備やATMの充実を図っており、県民にはなくてはならない存在です。企業に対する金融支援は勿論の事、一般顧客に対するローン商品は極めてバラエティに富んでおり、ニーズに合った商品の選択が可能です。全国的に見て、地価が安い為、住宅ローンには力を入れておりユニークな住宅ローンが用意されてます。特筆すべきはUターンやIターンの方を対象にた移住・定住促進を視野に置いた住宅ローンの存在です。地元密着型をモットーとする「とりぎん」ならではのローン商品と言えます。過去に破産歴や借入の延滞歴があればその時点で返済能力に疑問符がつき、借入には非常に不利になる事は言うまでもありませんが、鳥取銀行の住宅ローン審査の基準は他行と大きく変わるものではありません。しかし通常重要視される勤務先の企業規模については、県内の情勢を鑑みて審査に大きく影響するものではないと見て良いでしょう。勤務先の業績がはかばかしくないとなれば別ですが、企業規模よりもむしろ勤続年数により重きを置くと見るべきです。「とりぎん」のような地銀にとっては滞りなく返済してもらう為に、働き方と勤続年数を確認する事が重要になるからです。因みに勤続年数の目安は最低3年とされています。転職を繰り返している場合は不利な要件となりますが、キャリアアップのためであれば話は別になります。銀行での借入はクレジットのような総量規制の対象とはなりませんが、だからと言って多くの借入が判明した場合影響がないわけではありません。鳥取銀行に対する返済がそれらの影響により滞ると判断されれば借入は不可と判定される事もあります。クレジットカードのキャッシング枠や使用頻度の低いクレジットカード、カードローンがあれば見直しも必要になります。又他業者からの借り入れについてもできることなら完済しておいたほうが無難です。又住宅ローン借入の際には団体信用生命保険の加入を求められますので、健康状態に不安をお持ちの方は事前に当該保険加入の可否を調べておくことも重要です。

 

借入申し込みを検討なさっている方は前述の点に留意して、クリアできるものはクリアしておくことが必要です。

 

スポンサードリンク