住信SBIネット銀行住宅ローン審査通過のコツ

住信SBIネット銀行住宅ローン審査通過のコツ

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、低金利ランキングで変動金利・固定金利ともに上位にランクインしていて、とても好条件の金融商品となっています。しかし、一般に金融商品というのは好条件で人気があるほど審査は厳しくなる傾向があります。そこで、難関の審査を通過して好条件のローンを組むために、審査通過のコツを解説したいと思います。

 

一般にどこの金融機関でお金を借りるときでも、安定収入があることが重視されます。住宅ローンでは、数千万円という高額なお金を最大35年にわたって返済していくので、通常のローン以上に将来にわたって安定継続した収入が見込める職業に就いていることが重要になってきます。そのため、正社員でなければ厳しいのが現実で、非正規社員ではそれだけで門前払いされるような銀行も多数存在します。ところが、住信SBIネット銀行では、申込み条件に「安定かつ継続した収入があること」とされており、公式Q&Aで「自営業・契約社員・派遣社員」と回答されていますので、非正規社員でも比較的柔軟な対応をしてもらえることが予想されます。

 

しかし、非正規社員では正社員に比べて安定性という点で不利であることに変わりはありませんので、頭金を増やしたり、自動車ローンなどの借金は完済してできるだけ身軽になっておくなどの努力が必要になります。特に自営業の人は、最も不利な職業と言われているほどなので、頭金を少なくても2割〜3割は用意しておくべきでしょう。同じ正社員でも公務員、大企業の正社員、中小企業の正社員の順に不利になっていきます。大企業の正社員であっても現在は不況で思うように給料が上がらなくなっているので、油断は禁物です。

 

さて、住信SBIネット銀行では勤務形態については柔軟ですが、その分返済負担率が重要になってくると思われます。住宅ローンを含めたすべての借金の「年間返済額」を「年収」で割った値が返済負担率です。返済負担率は20%以下が理想と言われていますが、審査に通るだけならば30%を超えていても大丈夫な場合があります。

 

極端な話、3000万円の家を買うとして、頭金を9割の2700万円用意できているならば審査に落ちることはまずないでしょう。自営業や派遣などで勤務形態に不安がある人は返済負担率の値が下がるように、頭金を多めに用意したり、住宅ローン以外の借金を完済して身軽になったりといった工夫をしましょう。
住宅ローンの審査では年収と返済負担率、勤務形態、勤続年数、年齢、個人信用情報、健康状態などが総合的に判断されて審査されます。マイホーム購入の数年前からこういった属性ポイントを上げる努力をしていきましょう。

 

スポンサードリンク


 

住宅ローン減税を活用して賢く融資

住宅ローン減税は、住宅ローンを組む時にローン返済の負担を軽減するためのもので、家を購入する時の強い味方になります。住宅ローン減税は、住宅ローンの融資を受ければ自動的に使えるというものではなく、書類申請が必要になります。

 

住宅ローン減税を受けるにはいろいろと条件があります。該当する場合には住居に住み始めた次の年の3月15日までに必要書類をそろえ、確定申告をする必要があります。

 

必要書類を揃え、決まった日までに手続きをしなければ、住宅ローン減税を受けることはできません。家を買って、住宅ローンを返済している最中だということがわかる書類を用意します。

 

売買契約書のコピーや、ローンの証明書類などです。直前になってからあわてて準備をすることがないよう、書類の準備は早くからやっておくといいでしょう。

 

50万円の住民税控除が、住宅ローン減税では年度ごとに可能です。やり方次第では住宅ローン減税の控除額をアップさせることもできるかもしれません。確定申告書から所得税額が分かります。

 

住宅ローン減税では収入のある人がその世帯の中で1人より多い場合には計算が異なってきます。収入がある夫婦が、相互に連帯保証人になっていると、住宅ローン減税を使うことはできないようです。

 

家を買う時に、住宅ローン減税が使えるかどうかは調べておくといいでしょう。条件に合致していなければ控除の対象になりません。