池田泉州銀行住宅ローン審査通過のコツ

池田泉州銀行住宅ローン審査通過のコツ

池田泉州銀行の住宅ローンを利用すると、分譲マンションや一戸建て住宅などの住宅購入資金として必要なお金を借りることができます。住宅の増改築のための費用を借りることもでき、リノベーションやリフォームをする時にも利用できます。金利のタイプは、固定金利型と変動金利型の2つの種類があり、返済しやすい方を自由に選べます。
池田泉州銀行の住宅ローンを申し込んだ時には審査が行われます。審査では安定した収入があって、滞りなく返済できるかについて調査され、審査に通過すると申し込みが可能になります。審査通過後は、購入する住宅に第一順位の抵当権が設定され、契約が締結されます。住宅ローンの返済は20年から30年の長期間にわたるため、審査は他のローンよりも慎重に行われます。
池田泉州銀行の住宅ローンの審査に通過するためのコツは、申込者の年齢や年収が重要な要素になるため、年齢は20代の後半から30代であれば審査に通過する可能性が高まります。40代を超えるとローンを返済中に定年退職を迎える場合があるため、返済期間が20年を超えるローンを申し込むのはかなり難しくなります。そのためマイホームの購入は、できる限り若いうちに行うことが大事になります。
ローン申込者の年収は、審査の際の最も重要な要素になります。一般的に、理想のマイホームの価格は年収の5倍程度とされています。年収が600万円の場合は3000万円程度のローンであれば、無理なく返済することができます。年収に比べて住宅の購入金額が高すぎる場合には、審査に落ちる可能性があります。この場合は、頭金の額を増やすと審査に通過する場合がありますので、可能な限り頭金の額を増やすことが大切です。
ローンの申込者の勤務先についてもチェックされます。勤務先として評価が高いのは、公務員や上場企業です。公務員の給料は景気の良し悪しに左右されず安定していますので、公務員の人は審査に通過するケースが多いです。上場企業は経営基盤がしっかりしていて給与水準も高いため、審査の際には評価されます。
池田泉州銀行は地域未着型の金融機関ですので、地元の中小企業に勤務している人は、融資の審査に通過するケースが多いです。池田泉州銀行では、融資をしている会社に勤めている社員に対して、住宅ローンの申込を薦めているケースがあります。そのような場合は審査の際に優遇されますので、申し込みが可能になることが多いです。

 

スポンサードリンク