トマト銀行住宅ローン審査通過のコツ

トマト銀行住宅ローン審査通過のコツ

トマト銀行は、岡山県を拠点とした銀行です。岡山県内に53店舗・県外に7店舗・インターネット支店1店舗を構えています。トマトの絵をあしらったユニークなシンボルマークが特徴で、トマトの持つみずみずしさと新鮮さ、明るく健康的なイメージと、トマト銀行の企業イメージがぴったり一致したことから、この社名が発案されました。

 

総合口座の他、各種預金、各種保険やローンの販売を行っています。例えばトマト銀行のスーパー住宅ローンは、新築・購入・増改築に利用出来ます。土地および建物の購入資金を目的とする場合のみ、申込みが可能です。リフォームローンなど約10種類ほどの住宅ローンがあり、中には、借り換え専用のものもあります。申し込み条件は、借入時に満20歳以上、満70歳未満で、完済時の年齢が満82歳であることや、前年度の年収が200万円以上あること、勤続年数が1年以上であることなどが挙げられます。融資期間は、新築・中古物件どちらも、1年以上35年以内であり、借入金額は、50万円以上5000万円以内となっています。

 

返済は、毎月決められた日に行われ、返済遅延により延滞損害金が発生するため、注意が必要です。店頭では、予め返済額の試算を行ってくれるため、安心して申込みが出来ます。住宅ローンの申し込みは、店頭窓口または、インターネットから可能です。インターネットでは、24時間受け付けているので便利です。

 

申し込み条件を満たしていれば誰でも申込みは可能で、申込み後に審査が行われ、審査に通過すれば、いよいよ契約となります。審査通過のコツは、まず年齢や年収・勤続年数などが、融資条件に当てはまっているかどうかと言うことです。きちんと勤務をしていて、月々給料をもらっていれば、審査には通りやすくなります。また、過去に借り入れをしたことがあっても、延滞をしたことがなかったり、他の金融機関からいくつも融資を受けていることがない、現在借入金を返済中ではないと言う点も、重要になります。

 

過去に、不渡りやカード事故、ローン延滞などの信用不安がある人は、審査には通過しにくくなるため注意が必要です。また、外国人でも永住許可などを受けている場合には、申し込みが可能で、審査にも通過しやすくなります。万が一、審査に落ちてしまっても、その理由を知ることは出来ないため、将来的にローンの融資を予定している場合には、信用不安対象者とならないように、普段から気を付ける必要があります。

 

スポンサードリンク