西京銀行住宅ローン審査通過のコツ

西京銀行住宅ローン審査通過のコツ

 

西京銀行では、住宅にかかる目的での借り入れに利用できる住宅ローンを提供しています。

 

具体的な使用目的を、土地の購入、新築および中古の戸建て住宅もしくはマンションなど建物の購入、

 

住宅の増改築、リフォーム、セカンドハウスなど自己使用や家族居住用建物の購入と定めており、

 

あらゆる住宅関連の費用に当てることが出来ます。

 

融資の形式は証書貸付となっており、最大利用額は1億円までの10万円単位です。

 

融資の期間は35年間で、金利は変動金利型、固定金利選択型あるいは段階金利型の中から選べるようになっています。

 

それでは西京銀行の住宅ローンにおける審査通過のコツですが、

 

西京銀行では現在住宅ローンの申込みにあたって利用条件を設定しているので、

 

その条件の全てを満たしている事が審査通過の大きなポイントとなります。

 

申込みの条件の1つ目は、勤務先、居住先、もしくは住宅ローンを使って購入する物件のいずれかが、

 

西京銀行の営業エリア内にあることです。

 

これにより、ローンでの取引継続中に何かしらトラブルや相談が生じた場合にも、

 

すぐに同行の社員が駆けつけて対応することができます。

 

続いて2つ目の条件は、申込み時に契約者の年齢が満20歳以上で70歳以下の方となります。

 

70歳の方でもローンを組むこと自体はもちろん可能ですが、

 

返済期間が35年までと長期に設定されているので、

 

返済プランを鑑みて最終的な返済完了年齢にも制限をもうけることがあります。

 

3つ目の条件は、安定した収入を得ていることです。

 

収入の制限についても細かい設定があるので、

 

不安が場合には直接、ローン取り扱い窓口あるいはコールセンターを利用して事前確認を行えば確実です。

 

4つ目の条件は、団体信用生命保険に加入できることです。

 

ローンの契約に伴って、西京銀行が提携する団体信用生命保険に加入する必要が生じるので、

 

これに対応できる利用者が対象となります。

 

最後に5つ目の条件は、銀行と保証会社が、住宅ローンの融資、保証に関して適切であると認めた方であることです。

 

銀行および保証会社では、今後の融資が個人に対して無理のないものであるかどうか、

 

そして支払い能力があるのかなどを丁寧に審査し、利用者の債務への負担をより軽減することを目的としています。

 

住民票や収入証明書類、資金使途確認書類、

 

本人確認書類など必要書類がきちんと提出できているかも審査通過のコツとなるので、

 

求められた書類は全て確認の上間違いなく提出します。

 

スポンサードリンク