大和ネクスト銀行住宅ローン審査通過のコツ

大和ネクスト銀行住宅ローン審査通過のコツ

 

大和ネクスト銀行は、大和証券グループのネットバンクです。

 

ダイワ証券での取引をスムーズに行うために設立された銀行の側面があるため、

 

利用にあたっては大和証券との取引が有ることが条件となっています。

 

また、ネットバンクのため窓口業務は基本的に行っていないため、

 

住宅ローンを申し込む場合にはインターネットでの申し込みが必要になります。

 

大和ネクスト銀行では住宅ローンとしてのサービスは行っておらず、基本的に住宅購入目的でフリーローンを利用する形となります。

 

その為審査に於いては一般のフリーローンと同等の審査が行われます。

 

また、極度額が500万円のため、住宅購入資金の一部として利用するケースが多いものです。

 

なぜかと言うと、大和ネクスト銀行のフリーローンは一般のフリーローンに比べ非常に金利が安いのです。

 

借入額にもよりますが、年利4%台と言う金利で借り入れることができます。

 

この審査をスムーズに通過するためにはフリーローンの審査基準を把握する必要があります。フリーローンの審査基準とは以下の通りです。

 

まず条件として一定以上の継続勤務実績があることと、収入が有ることが前提になります。

 

さらに、返済は大和証券の口座からインターネットを介して振込を行う形になるため、

 

大和証券の取引口座を持っていることが条件となります。その上で審査の上極度額が決定されます。

 

スポンサードリンク


 

純粋な住宅ローンではないので、購入した家が抵当になるということは基本的になく、

 

収入と勤続年数が審査の大きなポイントとなります。

 

また、他社からの借り入れについては信用情報機関を通して審査されますが、

 

一般的な住宅ローンの様な優遇措置があまりないのが注意すべきところです。

 

その為、一般的に大きな買い物をするためにお金が必要、

 

との感覚で借り入れが可能な反面、住宅を担保に出来ないので

 

それ程大きな金額を借り入れることができないということがデメリットです。

 

大和ネクスト銀行に於いてはそもそも大和証券の取引をスムーズにするための目的で設立された銀行であり、

 

顧客のターゲットは大和証券の顧客です。

 

その為大和ネクスト銀行住宅ローン審査通過のコツは一口で言うと大和証券の取引実績が豊富なことです。

 

取引回数と取引額により審査結果は大きな影響を受けるのでこの点に十分注意する必要があります。

 

さらに、2015年11月でフリーローンの新規申し込みが打ち切られることが予定されているので、

 

申し込む予定がある人は早めに申し込むことが大切です。

 

スポンサードリンク


 

 

住宅ローン減税とは

 

多くの人は、住宅ローン減税という言葉を、家を新しく買う時に知ることになります。住宅ローン減税を利用するメリットとは、どこにあるのでしょう。

 

住宅ローン減税とは住宅ローンを利用して家を購入した人が、住宅ローンの年末残高に応じて所得税の控除が受けられるという制度です。

 

この制度はマイホームを購入してから10年間は続きますので、結構な額の税金を取り戻すことができます。

 

一定の条件を満たしていると、住宅ローン減税が利用できます。

 

いくつかの条件を満たしている必要があり、住居を取得してから6カ月以内に住むこと、50平方以上の登記面積があることです。

 

床面積の50%以上が購入者本人の住居として使うこと、住宅ローン減税を受ける年の所得が3000万円をオーバーしていないことも条件に含みます。

 

住宅金融支援機構や金融機関から融資を受けて住宅ローンを組んだ人や、民間の金融会社、あるいは住宅金融支援機構からの融資を受けていなければなりません。

 

住宅を購入して住宅ローンを組むと、毎月の返済で家計に大きな負担になります。

 

住宅ローンの返済は短い人でも10年から15年、長い人だと35年は返済が続きます。

 

住宅ローン減税があることで負担を少しでも軽減することができます。

 

より多くの人が住宅を購入し、ローンを組んで、日本経済を循環させることが、住宅ローン減税の目的の1つです。住宅ローンを借りて家を買うことを考えているなら、住宅ローン減税を使っていきましょう。