東日本銀行住宅ローン審査通過のコツ

東日本銀行住宅ローン審査通過のコツ

東日本銀行は都市圏を中心に、近県にも支店をもつ金融機関です。近年では、インターネットのサービスなども 開設し、幅広い金融商品を提供しています。東日本銀行の住宅ローンの特徴としては、融資限度額が高額に設定されているという点に集約され、それぞれの希望条件を満たすローンの金額になっているのが特徴です。

 

このローンは使途が住宅購入だけではなく、ローンの借り換えにも利用でき、住宅関連の設備投資にも活用することが出来るので、様々な活用法があります。また、ローンに適用される金利は、優遇される利率が個々の条件により大きく異なる事が特徴とされ、場合によっては大変有利な融資条件となる事がメリットです。そのため、ローンの種類によって審査基準にも差が出てくることになり、優遇された金融商品ほど審査基準が厳しくなります。
東日本銀行では、住宅購入のローンを組む前に仮審査を受けることが必要です。これはインターネット経由でも申し込みができるもので、本審査を受ける前に基本情報を確認する大切な査定とされます。

 

事前の査定では、返済能力の有無が確認され、収入や物件価格などから算出された返済負担率の基準をクリアしていれば、本格的な審査に移行することができ、それぞれの希望条件に応じたローンに申し込みが出来るようになるのです。

 

そして、審査で重要な融資率は、それぞれのローンにより異なりますが、購入する物件に対してのパーセンテージが基本となり、住宅ローンで賄う率が基本となります。そのため、ローンで賄う金額が増加する事で、審査へ通過する条件も厳しくなることが一般的です。ローンの返済額を年収で割った数値は、源泉徴収票に記載されている年収の数値が用いられ、この割合が約三十パーセント未満になることが必要になってきます。この負担率は住宅ローンの種類で異なり、年収や負担率のみで判断する事は困難ですが、負担率が大きくなるほど、そのほかの審査基準が厳しくなるケースも見られるために、ローンの性質に応じた融資条件を把握しておく事が重要です。

 

また、本格的な審査と同様に、東日本銀行でも物件の担保価値は事前審査でも重要な要素です。これらの条件を満たさなければ本格的な融資を受けるための査定を受ける事ができなくなるため、予め個々の担保の価値を確認しておく事が大切なのです。

 

そのため、住宅ローンを組む際には、先ずは事前審査で必要とされる条件を満たしているかどうかを確認する事が、重要な意味を持ちます。

 

スポンサードリンク