栃木銀行住宅ローン審査通過のコツ

栃木銀行住宅ローン審査通過のコツ

栃木銀行の住宅ローンを利用するには、審査に通過しなければなりません。
住宅ローンは、栃銀にとっても融資する金額が大きいので、審査は慎重ですし厳しくなります。

 

栃木銀行の審査では、いくつかのポイントがあります。

 

最も重要になるのが、現在の収入です。
安定した収入があり、栃銀が決めている最低年収をみたしているかも確認します。
そして、職業や勤務先の業績なども調べます。
職業や勤務先によっては、銀行からの融資が難しくなることもあります。
また、民間企業と比べて、自営業だと審査も厳しいです。

 

勤続年数も長い方が有利です。
短いと、リスクが高いと判断されてしまい、審査も通りにくくなります。
一般的には、3年以上が条件とされていて、転職した場合は同じ職種でキャリアアップだと大目に見られることもあります。

 

そして、現在利用しているカードローンや車のローンなど、住宅ローン以外の状況も調査の対象です。
支払いの延滞があるときや、現在のローンの残高が多いと、審査は落ちやすいです。

 

栃木銀行の場合、銀行への預金残高や給与振り込み口座への設定なども確認します。
融資を行う条件として、一定の預金や給与振り込み口座への設定を依頼することもあります。

 

銀行の審査では、条件が厳しいのが一般的です。
他の公的な住宅金融公庫や公庫と民間の提携融資機関などだと、比較的融資は受けやすいとされています。
ローンによっては、一定の資金が必要となることも多いです。

 

貸し手である銀行から審査のポイントでは、ローンの返済期間が20年〜30年と大変長いことから、安定的に返済することが出来ることが重要となります。
銀行は、万一に備えて、返済出来なくなったときでも、物件の抵当者権者になっています。
そのため、購入する予定の物件の担保評価額も融資金額に影響します。

 

また、住宅の販売価格とローンの融資金額と借り手の収入のバランスが取れているかも審査でみます。
バランスが取れているときは、完済される可能性が高いですが、崩れてしまうと返済出来なくなります
例えば、販売価格が高いと、ローンの融資額が借りる人の希望額に合わないこともあります。
他にも、住宅の販売価格と住宅ローンの融資金額に対して、借りる人の収入が少ないときには、返済が途中で出来なくなることも多いです。

 

そのため、栃木銀行でも、最初に購入物件の価格、申込者の希望する金額、そして収入のバランスを確認してから、本当に返済が長い期間出来るかを重要な点として調べていきます。

 

スポンサードリンク