きらやか銀行住宅ローン審査通過のコツ

きらやか銀行住宅ローン審査通過のコツ

東北地方最大の第二地銀であるきらやか銀行の住宅ローンは新築、中古物件購入の際に対応できる金融商品です。借入額は年収や期借入額により異なりますが、最大1億円までの借入が可能です。店頭金利の記載は公式ホームページで確認できますが、優遇金利・手数料・保障料率・その他詳細事項については明らかにされていませんので、個別に確認する必要があります。

 

営業管内在住の方にとっては、支店網が整備されているので気軽に店舗を訪れる事が可能です。概要は、融資期間最大35年、金利は変動・固定金利からの選択が可能ですが、更に変動から固定へ、又固定から変動への変更も可能です。しかし手数料がかかります。返済方法は元利金等式、抵当権を設定し担保物件には火災保険加入があります。

 

保証人は借入条件により1名以上必要となる場合があります。又保障料もかかります。利用資格要件は20歳以上70歳6ヶ月未満で完済時年齢が82歳未満に設定されており、年収は150万以上、勤続年数3年以上、団体信用生命保険及び保障会社の補償が受けられる事です。審査はこれら資格要件を満たしているかどうかを確認すると共に、本人確認書類や収入証明書をもとに融資可能額を算出する事になります。その際既借入額・クレジットカード履歴等の個人信用情報の確認も行われます。

 

支払の延滞や破産履歴があれば審査は当然不利になります。又、クレジットカードのキャッシング枠設定がある場合は借入の事実がなくても借入があるとみなされ注意が必要です。クレジットカードの多数枚数所持も影響があるとされています。きらやか銀行では住宅ローン希望者者を対象とした事前仮審査を実施していますので、来店して相談してみると良いでしょう。

 

仮審査を通過すれば本審査はそう恐れるものではありませんが、個々で忘れてはならないのが、団体信用生命保険への加入の可否です。仮審査の段階では団体信用性目保険への加入については考慮されていませんので、本審査で加入できないことが判明すると融資が実行されません。健康面で不安があれば団体信用生命保険で相談窓口を開設していますので相談すれば解決の糸口をつかむ事は可能です。

 

又既往症をお持ちの方で治癒が可能であれば、治癒後に住宅ローンを申し込むなどの方法もあります。長期の返済期間を要する住宅ローンであるだけに、銀行側も安定して継続した返済を望むのは当然です。これから住宅ローンを活用なさる場合は上記の点に十分配慮した上で借入の判断をなさってください。

 

スポンサードリンク