京都銀行住宅ローン審査通過のコツ

京都銀行住宅ローン審査通過のコツ

京都銀行住宅ローンを利用する方は、頭金を2割程度用意しておくと審査に通過しやすいです。
2,500万円の物件を購入する場合ならば、500万円程度頭金として用意するのが好ましいです。
頭金は多いほど審査で有利となり、少ないほど通過しにくくなります。
住宅ローンはあらゆるローンの中で最も借入額が大きくなるため、いかに頭金を沢山用意できるかが重要なのです。
頭金が少なければ、より多くの借入が必要となり、返済が長期化して利息も増えます。
利息を多く支払うことは銀行側にとっては嬉しいものですが、ローン利用者が返済不能に陥るようならば困るわけです。
借入期間に関しても、なるべく短く設定したほうがいいのは確かです。

 

京都銀行の契約をする前には、年間どの程度返済に回せるのか調べておく必要があります。
現在の家計状態を把握しており、貯金もしながら返済金を無理なく支払えるようにシミュレーションをしましょう。
頭金は多いほどいいですが、貯金をすべて回すのは得策とは言えません。
貯金は年収の半分程度は確保しておくのが好ましいため、年収500万円ならば250万円程度の貯金は欲しいところです。
貯金が750万円ある方ならば、250万円を残して500万円を頭金に回すという感覚です。

 

無理のない返済負担率は、20%〜25%くらいとなります。
年収が低い方ほど負担率を低く抑えるのが好ましいです。
京銀の住宅ローン以外にも、自動車ローン、カードローン、教育ローンなどを利用している場合は、さらに負担率は低くなるでしょう。
負担率はあくまでも目安であり、各家庭により返済に回せる金額には差があります。
年収が多いから必ずしも返済が楽とは限りませんし、逆に少なくとも他の債務がなければ楽になることもあります。

 

京銀の住宅ローンの利用において注意したいのは、住宅ローンを利用する前にカードローンを完済したいことです。
これは必須ではありませんが、ローンの利用件数が少ないほど、今後の返済が楽になるのは間違いありません。
高金利のローンから完済をして、契約を終了しておきたいものです。
クレジットカードに関しても同じく、使用していないカードは解約したほうがいいでしょう。
カード契約があると、今後利用することがあるかもしれません。
利用額がゼロだとしても、契約をしている以上は今後使う可能性があると判断されます。
クレジットカードは生活において必須ではないため、現金主義に変えることも考えましょう。
カード利用におけるポイント還元分と、カード所有における出費増を比較して、
所有するメリットとデメリットのどちらが大きいかシミュレーションをしてみましょう。

 

スポンサードリンク