佐賀銀行住宅ローン審査通過のコツ

佐賀銀行住宅ローン審査通過のコツ

佐賀銀行、いわゆる地元では佐銀と呼ばれています。この佐賀銀行での住宅ローンを借りる場合の審査通過のコツについてです。消費税10%を再来年4月に控えて、一戸建てを建てる人が増えつつあります。

 

その場合、ほとんどの方はローンを組みます。ローンは団信や郵便局やその他の金融会社があります。地元の銀行は地域密着型ですので、信用性があります。

 

 

佐銀から住宅ローンを借りる場合には、ある一定の条件があります。1つは定職に就いるかです。定職についていることで一定の給料が入ってきて、決められた分のローンを毎月返済できます。定職に就いていないと不利です。これがいちばんの条件だと考えてください。2つめは、佐賀銀行に口座を持っているかです。この2つの条件をクリアできていれば審査を通過します。

 

他にもご主人や奥様の家族構成をしらべることもあります。担保として家を建てる土地も精査します。
今、どこの金融機関も顧客獲得のために、通過審査の基準を緩めていますので、あんがい通過しやすいでしょう。ただし、どんなに収入があろうが、裕福な家庭環境であろうが、お互いの信頼性がいちばん大切です。信頼性がないと、銀行としても成り立ちません。

 

信頼性があって初めて成立するものなのです。ですからくだんのように仮に定職に就いていなくても信頼性があれば通過します。銀行はボランティア団体ではないです。利益を得る必要があります。お客様ひとりひとりの信頼性を獲得していくことで、銀行が成り立っていきます。特に佐賀県は九州管内でも人口が少ないです。少ないからこそ地域密着が重要視されるわけであります。顧客との絆な深めていくうえでもまずは「信頼性」なのです。

 

 

住宅ローンは借入金額いちばん大きいですので、銀行さんとよく話し合ってローンを組みましょう。まずは無理な組み立て返済をしないことです。早く返済しようとして無理なことが積み重なって自己破綻するかたもいますので、そのへんは銀行の担当者とよく話しあいましょう。

 

自分が毎月どれだけの収入を得ているのか、貯蓄はどれだけか、担保はほかにあるのか、などいろいろ調べてくれます。それらをひっくるめて総合的に判断してくれるのが佐賀銀行なのです。住宅ローンにかぎらず、自動車ローンといったものも他にもありますので、気軽に相談にのってくれます。

 

 

一生住む家を建てるわけですから、楽しい空間生活を送るうえでも、経済的な面もじゅうぶん考慮する必要があります。

 

スポンサードリンク