広島銀行住宅ローン審査通過のコツ

広島銀行住宅ローン審査通過のコツ

広島銀行の住宅ローンには、公的な住宅融資などを利用しないタイプと利用するタイプのローン商品が用意されています。広島銀行のみから借入を行うスーパー住宅ローンは、最長融資期間35年で最大で1億円までの融資を受けることが可能です。使いみちとしては、住宅の新築やリフォーム、土地の購入、門や車庫などの建築費様、長期火災保険料、セカンドハウスなど許容範囲はかなり広いです。
金利は固定型か変動型あるいは固定変動選択型から選ぶことが可能です。固定変動選択型は固定金利期間が3年・5年・10年の3つのタイプが用意されており、期間が短い方が金利が低く設定されております。また期間限定のキャンペーンとして、ひろぎんトータルポイントサービスのポイントを一定ポイント以上持っていたり、ひろぎんバリューワンに加入したりすれば、固定変動選択型の固定金利期間の適用金利よりも1%以上の金利のマイナスが適用されます。固定期間終了後も再選択時点の基準金利から1.0%のマイナスが適用されます。
広島銀行の住宅ローンを利用するには、居住地や勤務先が広島銀行の支店の近くであることが必要です。もしそうでない場合は申込を断られてしまうことがあります。
審査の重要な項目としては申込人の属性と担保の対象となる物件の価値が大きな判断基準となります。例えば年収に関しては基準以上の金額に達していたとしても、過去に滞納した記録が信用情報に残っている場合は審査には通らなくなってしまいます。カードローンの返済やクレジットカードの支払いの他にも、携帯電話の支払いに関しても信用情報に影響します。なぜ携帯電話の支払いが信用情報に影響するのかと言いますと、携帯電話の機種を購入する際には多くの場合、2年間の分割払いを選択します。そして毎月の分割払いの額と同程度の割引が適用されていますので、購入者としては実質的な負担がありません。しかし機種代が無料になった訳でありませんので、きちんと毎月支払わなければ信用情報にキズが付くことになります。数千円などと安易な気持ちで滞納してしまいますと、後々住宅ローンなど重要な融資を受けられなくなってしまいます。
またクレジットカードのキャッシング枠も審査には影響します。たとえキャッシングを利用していなくても、枠を持っているだけで、その金額分の融資を受けていると認識されるケースがありますので、住宅ローンを申し込む前には使っていないクレジットカードを解約したりする必要があります。

 

スポンサードリンク