大光銀行住宅ローン審査通過のコツ

大光銀行住宅ローン審査通過のコツ

大光銀行の住宅ローン審査についてどんなことに気をつけたら良いでしょうか。

 

まず、全ての金融機関にローンの申し込みを行う際の前提、大原則ですが、基本的にローン申し込み先の銀行と信頼関係を築いておいてください。
別に菓子折りを持って挨拶に行けということではありません。
銀行と顧客が信頼関係を築く上で最大の証拠となるのは取引状況です。
金融機関は新規のお客さんにいきなり高額な融資をお願いされると、当然その人のことはよく知らないわけですから「この人はきちんと返済してくれるだろうか」「返済能力があるだろうか」と不安に思います。
ローンというサービスは貸したら金利分を上乗せして返してもらうのが原則です。
ですので、返済能力があるかどうかを見極めるのは重要なことです。
他ローンを利用した際にきちんと期日を守って返済していることや、返済期日を守らなかったこと。
結んだ契約を守っていたか。
個人間でも当然ですが、銀行と顧客の間でも重要なことです。
住宅ローン自体は書類で申し込みを行いますが、審査においては書類に記載していない部分も審査されていると思ってください。
また、大光銀行においてはサービスの契約が多いと住宅ローンの金利を優遇するサービスがありますので、そういった意味でも普段からのおつき合いを大切にしたいところです。

 

他に気をつける点としては、自分に合ったローンサービスへ申し込むということが大切でしょうか。
金融機関で住宅ローンと一言でいっても多種多様なサービスを展開しています。
自分が申し込みの行う店のプランにはどんなものがあり、どんな時にどのプランが有効なのかについて正しく把握しておくことが大切です。
条件に合わないプランに申し込んだら当然審査は通りません。
また、条件は合うが、リフォームだけなのに過大にオプションのついたプランに申し込みを行うことは目的が合致しているとはいえず、無意味でしょう。
大光銀行には住宅に関するローンとして、リフォームの場合はリフォーム用ローンが用意されていますし、現在日本国内で問題になっている空き家対策のために家の解体用ローンという珍しいサービスも用意されています。
住宅に関する資金作りだからといって大雑把目的ローンを定めて申し込んでしまうと、お断りという結果になりかねません。
家に関するローンではあるがどのくらいの金額が必要でどんなことに使うのか。
修繕なのか、新築なのか、中古の購入なのか。それとも解体なのか。
目的をはっきりと窓口で説明した上でどのサービスが適切か申し込み前に確認を行いましょう。

 

スポンサードリンク