三重銀行住宅ローン審査通過のコツ

三重銀行住宅ローン審査通過のコツ

三重銀行の住宅ローンは、通常の住宅ローンと、住宅金融支援機構と提携した「フラット35」があります。フラット35は住宅金融支援機構が審査をするので、やや審査基準が異なっておりますが、仮審査に通過すれば高い確率で審査に通るものと思われます。
三重銀行にかかわらず、一般に住宅ローンの審査では、年収と返済比率、勤務先、勤務形態、勤続年数、個人信用情報、年齢、健康状態、不動産担保評価額などが重要ポイントとなります。この中でどの項目が特に重視されるかや、どういった基準で審査がされるのかといったことは銀行によって異なっており、その基準は非公開情報となっています。審査基準が銀行によって異なっているということは重要で、もしも1社に落ちても次の1社にはあっさり通ることもあるので、致命的な原因がないならば、1社に落ちたからといって諦めないことが肝心です。

 

 

さて、住宅ローンは、高額なお金を最大35年間かけて返済していくという性質上、安定した職業に就いているということがとても重要になります。公務員が最も有利で、次に大企業の正社員、中小企業の正社員の順になります。メガバンクや都市銀行では正社員でなければ話にならないところも多いですが、地方銀行である三重銀行では、申込み条件に「正社員であること」とは書かれていないので、非正規社員でも可能性はあると思われます。しかし、職業の安定性が重要であることに変わりはないので、正社員に比べると審査で不利になることは覚悟しましょう。頭金を多めに2割程度用意するとか、住宅ローン以外の借金は全て完済して身軽にしておくとか、属性を良くする工夫が必要になるでしょう。

 

 

三重銀行の「固定金利選択型」では申込み条件に「勤続年数1年以上の給与所得者の方」となっていますので、勤続年数が1年以上は必要であることがわかります。勤続年数は長ければ長いほうが良いですが、現在はキャリアアップのための転職が当たり前になっていますので、収入がアップしていたり、職業に連続性がある場合には前職の勤続年数も考慮してもらえる可能性があります。

 

 

申込み条件にはさらに、「前年度年収が400万以上で返済比率が30%以下の方」とあります。ちなみにフラット35では、「年収400万未満の人は30%、年収400万以上の人は35%」が返済比率の上限とされています。こちらも参考にしてみましょう。
三重銀行では、年収250万円〜300万円でも借りられるプランも用意されています。しかし、金利はかなり上がってしまいます。年収や返済比率などの属性が良いほど金利などが良い条件で借りられるということは覚えておきましょう。

 

スポンサードリンク