大分銀行住宅ローン審査通過のコツ

大分銀行住宅ローン審査通過のコツ

一般に、金融機関からお金を借りるときの審査では、年収と返済比率、勤務形態、勤続年数、勤務先の安定性、個人信用情報、年齢などが重要になります。住宅ローンの審査では、これに加えて健康状態や不動産の担保評価額も重要になります。健康状態は、団体信用生命保険に加入するために必要な項目で、健康状態に問題があって団信に加入できないと住宅ローンが組めません。大分銀行では、通常のプランの他に、団信への加入が任意のフラット35も扱っており、健康状態に問題がある人でもマイホームの夢を諦めなくてすむようになっています。

 

 

大分銀行の住宅ローン「夢ホーム100%」では、申込み条件に「勤続年数1年以上の給与所得者もしくは営業3年以上の個人事業主」となっています。メガバンクや都市銀行では正社員でなければ話にならないところも多いですが、大銀は地方銀行なだけあって、非正規社員や自営業の人にも対応していることがわかります。年収に関しては、給与所得者の場合「年収200万以上」、個人事業主の場合は「直近2年間の平均年収350万以上」となっています。個人事業主は事業に失敗したときのリスクを100%負っているので、雇用保険や退職金などがある給与所得者に比べてシビアな条件が課されます。

 

 

大銀の住宅ローンでは返済比率の基準が公開されているのも特徴的です。「年収400万未満の方は30%、400万以上600万未満の方は35%、600万以上の方は40%」が返済比率の上限とされています。返済比率の基準が満たせていない人は、自動車ローンやカードローン、消費者金融からの借入などがある場合にはそれらを完済しましょう。頭金を増やすことでも返済比率を下げることができます。また、同居する配偶者の年収を合算することで年収を上げるという方法もあります。

 

 

意外にも審査に落ちる原因になりやすいのが、個人信用情報です。最近ではスマホの普及などにより、携帯料金の延滞で知らないうちに信用情報に傷がついていることも増えています。念のために自分の個人信用情報に傷がついていないか、個人信用情報機関に情報開示請求をして確認しておくことをお勧めします。信用情報に関しては大銀のホームページ上には記載されていませんが、おそらくは一回でも延滞の記録があると審査でかなり不利になるものと思われます。審査には通っても金利や限度額に影響する可能性もありますので、普段からクレジットカードの支払いなどには十分注意をして、信用情報に傷をつけないようにしましょう。

 

スポンサードリンク