長野銀行住宅ローン審査通過のコツ

長野銀行住宅ローン審査通過のコツ

長野銀行の住宅ローンは、住宅の新築、購入をはじめとして、増改築や居住用土地の購入などに利用できるローンです。自己資金がない人や、保証人がいない人などさまざまなニーズに応える商品が揃えられています。

 

長野県松本市に本店をおく長野銀行は、個人や中小企業取引を中心とした営業を展開している第二地方銀行です。店舗の大半は長野県内にあり、地元密着型の知名度も高い銀行です。

 

長野銀行の住宅ローンは、保証会社を利用するタイプと保証会社を利用しないタイプを取り揃えていることが特徴です。保証会社なしの場合は、審査基準が高くなりますが、属性などが良好であれば保証料がかからない分、費用が少なくてすむというメリットがあります。借り入れ限度額は保証会社付きで6000万円、保証会社なしで5000万円となります。

 

金利は、店頭表示金利自体は高めの設定ですが、優遇幅は大きめになっているので、低い金利になる可能性もあります。また手数料は、金利タイプを変更する際や繰り上げ返済時などには、手数料がかかっているので注意が必要となります。

 

ローンを借りるメリットは、本来ならお金がないと買えないはずのものが、すぐにでも手に入ることにあります。お金を貯めてから買うことが難しい住宅などの高額なものを飼う場合には、ローンを上手に利用することで、比較的早い時期に夢を叶えることが可能になります。

 

ローンには、固定金利と変動金利があり、固定金利は毎月の返済金額と総返済額の上限が決まっているもので、金利変動のリスクにさらされることがなく、家計管理がしやすいメリットがあります。

 

ただ変動金利に比べると、高く金利が設定していることがありますが、近年の超低金利時代には、固定金利を選択する人も少なくありません。金利が引く井内に全期間の返済額を確定してしまえば、金利が上昇した時に損をすることがないので、金利に左右されることなく返済することができ、将来設計やお金の管理ができる特徴があります。

 

その一方で変動金利を選ぶ人も最近は増えています。それは固定金利に適用される長期金利は、変動金利に適用される短期金利よりも高く設定されているので、毎月の返済額がそれだけ大きくなることが挙げられます。

 

金利が上がった際にまとめて繰り上げ返済する資金的な余裕があるなら、変動金利を選択したとしても金利上昇のリスクに対応できるので、より最終的な支払い金額を低く抑えられる可能性のある変動金利を選ぶ人が増えているといえます。

 

スポンサードリンク