宮崎太陽銀行住宅ローン審査通過のコツ

宮崎太陽銀行住宅ローン審査通過のコツ

宮崎太陽銀行の住宅ローンに申し込まれる方は、ローンやクレジットカードの支払いを済ませておきましょう。
宮崎太陽銀行の住宅ローンには、ノンバンクの多目的ローンに適用される総量規制はありません。
総量規制のないローンの場合、無制限に借りられると考える方がいますが、年収や他社借入が考慮されるのは他のローンと同じです。
ローンやクレジットの支払いがあると、住宅ローンの返済に影響してくるので、支払いはすべて済ませておくのが理想です。
随時返済を利用して予定よりも早く完済してしまいましょう。
借入先が複数社ある場合は、借入額を減らしていくことはもちろん、借入件数を減らすことも重要になります。
債務の負担をなるべく軽くしてから申し込んだほうが、審査通過で有利になるのは間違いありません。
ローンに通過する大原則は、無理なく確実に返済していけることです。
遅延をしてしまうようならば、銀行側としても遅延利息の加算など、色々と面倒が生じてきます。

 

頭金をなるべく多く用意することも重要です。
頭金は多ければ多いほど、審査に通過する確率が高くなります。
この仕組みはシンプルであり、頭金が多いほど借りる金額が少なくなるからです。
2,000万円を借りるよりも、1,000万円のほうが返済が楽なのは間違いありません。
借入額が少なくなれば、元金に対して発生する利息も少なくなるので、将来支払うべき金額も減るわけです。
頭金は2割以上用意するのが理想ですが、1割程度しか用意できない方もいるでしょう。
しかし、1割といえども頭金ゼロよりは審査で確実に有利となります。

 

返済負担率は20%〜25%程度に抑えるのが好ましいでしょう。
負担率が高くなるほど返済は大変になり、延滞を起こしてしまうリスクも高まります。
年収400万円の方ですと、年間の返済額は80万円〜100万円程度が妥当なところです。
カードローンやクレジットカードなどの支払いがあると、返済はもっと大変になります。
大切なのは借入者である本人が最後まで無理なく返済できるかどうかです。
たとえ返済負担率が15%だとしても、その他ローンの支払いが大変な状態では、住宅ローンの返済を続けていくのは難しいでしょう。
また、生活レベルが高ければ、ローンを利用していなくともお金に余裕はなくなります。
借りる前に家計診断をして、無理なく返済できる金額を知っておくことも大切なのです。
勤続年数が短い方に関しては、借入額をさらに抑えるように工夫しましょう。

 

スポンサードリンク