長崎銀行住宅ローン審査通過のコツ

長崎銀行住宅ローン審査通過のコツ

長崎県の県庁所在地である長崎市に本店を構える長崎銀行は、30店舗ほどの店舗数とあり、地方銀行の中でも比較的小さな規模の銀行として存在します。

 

小さな地方銀行であっても金融機関には代わりがありませんから、住宅ローンといった各種ローンを利用できる、周辺地域に住まいを持つ人にとっては、大変便利に活用できる銀行です。

 

長崎銀行の住宅ローンの特徴として、長い期間、利用可能な固定金利の存在があげられます。平均的に10年程度の固定金利が多い中で、この銀行では最長で20年という選択肢が用意されており、別に3年や5年、10年に15年といった期間も選択ができるようになっています。

 

審査基準としては、利用時点で契約者の年齢が20歳以上、70歳以下であることが条件です。

 

完済時に81歳以下であることも条件に加わっていますので、審査通過のコツとしては、できるだけ若いうちに利用するのが望ましいですが、中古住宅の購入と同時にリフォームをする目的でローンを組むことが可能ですので、ある程度の年齢を重ねた人なら、購入代金が安く済むことで完済までの期間を短くしやすい、中古住宅を狙えば審査に通る可能性が高まります。

 

また、若ければよいというわけでもなく、給与を受け取っている人なら、勤続年数が1年以上で前年度年収が200万円以上が必要になります。

 

経営者は勤続年数2年以上で前年度年収が200万円以上に加え、直近の2期について、連続で黒字計上しており、繰越損失や債務超過が発生していないことが必須です。個人事業主なら、営業2年以上で平均所得が200万円以上、さらに過去の2年間で税金の滞納や延滞の事実がないことが条件になっています。

 

働き方によって審査基準に差があることを、事前に確認しておくことで、審査に通りやすい環境を作ることができます。

 

ポイントとしては、給与所得者や経営者が年収が基準になっているのに対し、個人事業主は所得が基準ですので、やや個人事業主の条件が厳しいことを覚えておきましょう。

 

団体信用生命保険に加入することも条件にありますが、この保険は長くローン返済を行う際に、支払い義務のある人が死亡した時に家族を守ることができますので、必ず加入しておきたい保険になります。団体信用生命保険に加入できるように、日頃から健康な身体を作っておくことも、長崎銀行で住宅ローンの審査に通りやすくするコツになります。

 

保証人に関しては一部の例を除いて不要ですので、審査の段階では多くの場合で、特に問題にならない要素です。

 

スポンサードリンク


 

住宅ローンの事前審査を利用するとき

 

ローン融資を受けるには、審査で融資が認められなければなりません。

 

結果を気にする人は多いようです。今までローンを使ったことがない人のために、事前審査というシステムがある金融会社があります。

 

事前審査とは、ローンの申し込みの前に無料で受けることができる仮審査の事です。

 

事前審査とはローンの審査に通るかどうか確認して、その結果を回答してくれます。

 

審査に通るかどうか、大まかな予測を立てた上で申し込みをしたいという人が重宝するものです。

 

審査本番でやることと同じことを事前審査では行いますが、正式な書類をつくって提出するなどの手間はかかりません。

 

本審査と違い、収入や身分を証明する書類がなくても仮審査の手続きはできますが、事実をそこで偽っても無意味です。

 

事前審査の段階で収入などを偽っても、実際の審査結果とのずれが大きくなるばかりですので、正確に深刻し、正しい回答を得ることです。

 

ローンの事前審査の内容は、勤務先、勤務内容、勤続年数、勤務形態、返済負担率、その他の債務の有無、返済暦などがあげられます。

 

勤続年数は最低でも3年、勤務形態などは最近は定収入があれば正社員でなくとも大丈夫という所もあります。

 

返済を滞らせない程度に融資を受けるには、ローンの借入金額は年収の3分の1以下が目安になっています。

 

ローンの審査に通らない理由は幾つかありますが、年収に占める借入金の割合が高いと、返済能力が乏しいと判断されがちです。