宮崎銀行住宅ローン審査通過のコツ

宮崎銀行住宅ローン審査通過のコツ

宮崎銀行では、宮銀住宅ローンとして2種類のローンの提供を行っています。宮銀住宅ローン「満額快答」では、借入条件として満25才以上70才以下で返済完了時の年齢が81才以下という年齢制限が設けられており、この条件を満たしたうえで安定して継続的な収入がある人であればローンの申し込みをすることができます。また、宮銀住宅ローンには「住まいるいちばん」というローンもあり、こちらのローンでは年齢制限は満20歳以上満65歳未満で、返済完了時の年齢が満80歳未満となっています。また、収入面では前年度税込年収が100万円以上であることが条件として求められます。これらの条件を満たしていない人の場合、たとえ宮崎銀行の住宅ローンを組んでお金を借入れたいと思っても審査に通ることはできません。

 

 

これは宮崎銀行に限った話ではありませんが、住宅ローンのようにまとまった金額の借入を希望する場合には、個人の信用力というものが審査の結果を大きく左右します。ここで言う信用力というものは、銀行側が安心してお金の融資を行えるだけの返済能力をローンの希望者が持っているかということになりますが、借入れる金額が大きければ大きいほどこの信用力というものは重要になってきます。もしも、将来的にローンの支払いが困難な状況になってしまうそうな人物だという判断をされてしまった場合、返済能力に不安があるとして審査に通る可能性は非常に低いものになってしまいます。

 

 

そのため、大きな金額の動くローンを組みたいというときには、きちんとして職業に就き、継続して収入を得られているというのが必定最低限の満たしておかなければならない条件となります。大きな金額を借入れた場合には必然的に返済期間は長期間に及ぶからです。また、金銭面でしっかりとして人物であるということを銀行側に認めてもらうことも大事になってきます。特に公共料金や携帯電話の料金の滞納やクレジットカードやキャッシングの支払いの遅れなどは禁物です。このような情報は個人信用情報機関へ記録されているため、ローンの申込みが合ったときには必ず参照されることになっています。もしも、滞納などの履歴が記録されていた場合、それは審査の結果に大きく影響してきます。そのため、将来的に銀行で大きな金額の借入をする予定がある場合には、公共料金などの料金やキャッシングなどの返済は遅れないように心掛けておく必要があります。

 

スポンサードリンク