仙台銀行住宅ローン審査通過のコツ

仙台銀行住宅ローン審査通過のコツ

仙台銀行の住宅ローンに申し込むときに、審査で特に重要となることがあります。
重要なポイントを知っておくことで、審査にも通り易くなります。

 

仙台銀行では、申込み時の年齢と完済時の年齢が大切です。
年齢は、一般的には借入時は20歳以上70歳まで、完済時年齢は80歳までと鳴っていることが多いです。
これも住宅ローンの申込者の状況などによっても多少違ってきます。
例え、完済時の年齢が80歳未満だとしても、申し込んだときに50歳ぐらいだと返済期間が30年もある場合だと、定年後の返済期間も長くなるので、このようなときには返済期間が短くないと審査も通りにくいです。

 

次に、年収と返済負担率が対象となります。
返済負担率は、ローンの年間返済額を年収で割ったものです。
一般的に、銀行では返済負担率を年収などによって、25%〜40%程度に置いています。
勿論、これも年収や勤務状況などによって変わってきます。

 

また、勤務先の勤続年数や雇用形態も大切です。
安定した収入が高いほど返済能力も高いと判断されるので、勤続年数が長いと有利です。
勤続年数が3年以上が条件で、契約社員や派遣社員だと安定性が低いとされて融資が受けられない可能性も高くなります。

 

債務状況も、確認される事項です。
返済負担率は、借りる住宅ローン以外のカードローンなどの借入の返済額も合計して計算します。
借金があるときには、借入額も減るので、出来れば完済しておいた方がよいです。
カードローンなどで延滞を起こしていると、審査に落ちる可能性も高くなります。

 

健康状態も重要なポイントです。
これは、団体信用生命保険加入が条件になるためで、生命保険なので健康状態が悪いと加入出来ないこともあります。

 

そして、担保物件の評価もあります。
一般的に、融資を受けるときには、物件に担保として銀行の抵当権をつけます。
銀行は担保について、土地や建物の金額を評価したり、権利関係や建築基準法など法規上の問題などを先に調べます。
そのため、銀行の評価額以上を借りることは難しいです。
また、物件価格が担保価値ではないので、注意が必要です。

 

仙台銀行でも、申し込んだ人の返済能力を審査します。
例えば、契約社員でも勤続年数が長くて収入が安定していたり、転職したばかりでも年収が上がるときには、返済能力があると判断されます。
よく、収入に対して無理な借入金額を希望することがありますが、後から困ることになりますし、審査にも通過しにくいので、物件を見直すなどして借入額を減らしてから検討した方がよいです。

 

スポンサードリンク