銀行カードローン審査で行われる勤務先への在籍確認

銀行カードローン審査で行われる勤務先への在籍確認

銀行カードローン審査では勤務先への在籍確認が含まれています。

 

一部のお申込み者には実際には勤務したことがないのに、もう退職しているのに勤務先として申告してくるケースがあるのです。

 

ウソの申告をしてくる人にお金を貸付しても、後々返済に困って滞納される可能性大です。

 

そのためお申込み者が申告された会社に本当に在籍しているのかどうか確認するために必要な手順なのです。

 

勤務先に電話がかかってきて、誰々さんは居ますかと聞いてくるのが一般的な在籍確認です。

 

消費者金融の在籍確認と違って、銀行名を名乗ることが多いですが、希望されれば個人名で電話をかけてもらうことが可能です。

 

個人名なら会社の人にお金を借りようとしていると知られる心配は少ないです。

 

個人名の電話が珍しい職場の場合は何らかの在籍確認と気づかれる可能性はあります。

 

ウソの会社名や個人名を名乗ることは出来ませんので、

 

在籍確認の電話に出た会社の人にどこの会社の人ですかと聞かれた場合は正直に銀行名をお伝えすることになります。

 

ご本人が会社に居る場合は、名前を聞かれるだけで終了です。

 

銀行によっては住所や生年月日を聞く場合もあります。

 

即日お金を借りる場合はお申込み中で会社に不在であることが多いと思います。

 

ご本人が会社に不在の場合は、今は外出中ですと電話に出た会社の人がお答えすれば在籍確認は終了です。

 

 

スポンサードリンク