筑波銀行住宅ローン審査通過のコツ

筑波銀行住宅ローン審査通過のコツ

筑波銀行は、関東銀行と茨城銀行の合併により誕生しました。

 

店舗数は約150店舗であり、その殆どが茨城県内にあります。茨城県以外にも複数の支店が存在し、地方銀行の中では中堅規模の銀行です。

 

そんな中、筑波銀行における住宅ローンは、近年その取扱い額を増やしている傾向にあります。
これは東日本大震災以前から見られる傾向であると言え、復興需要による影響だけではないと言えます。

 

また同銀行の住宅ローンには、多彩な商品が存在します。
変動金利型、固定金利型住宅ローンを始めとし、更に固定金利型には固定金利期間終了後に、固定金利か変動金利かを選べるなどの商品がある為、その時々の金利と照らし合わせながら選べると言えます。

 

そこで、これらの住宅ローンを利用すべく同銀行における住宅ローンの審査通過のコツとして、審査基準の際に考慮されるであろう、いくつかの項目を満たせているかが重要となります。

 

そして最終的な借り入れの決定の為の判断材料となるのは、契約者に返済能力があるかどうかです。

 

これには勤続年数を始め、年収に対する借り入れ額の割合、健康か否か、そして他への借り入れや過去の借り入れの際に、延滞などをしているか否かといった点から判断されます。

 

その為、仮に勤続年数が短い場合などは、雇用の安定や将来的な収入の安定などを疑問視されたり、また借り入れ額が多額であったり健康状態に問題がある、更には過去の借り入れの際に延滞などをした記録がある場合には、やはり積極的な借り入れは期待出来なくなります。

 

まず勤続年数についてですが、これは就職してから最低でも3年以上は経過していなければ審査の通過は難しいと言えます。また正社員でない場合なども、雇用や収入の安定性の問題から難しいと言えます。

 

次に借り入れ額が多額な場合ですが、この収入と借り入れ額のバランスを返済負担率と呼び、この返済負担率が25%を超えた借り入れなどを希望している場合には、借り入れは難しいと言えます。

 

健康状態についても、やはり雇用や収入の安定性などの観点から、その状態が問われます。
既に何かしらの疾患などを抱えている場合には、加入時に健康である事が求められる為、団体信用生命保険にも加入が出来ない為、やはり借り入れは難しいと言えます。

 

しかし、もし懸念材料が過去の借り入れによるものだけであれば、その借り入れの問題があった時から10年程度時間が経過するのを待つ事で、その記録が個人信用情報から抹消されます。

 

その為、もしその様な問題がある場合には、時間をおいてからの借り入れの相談をする必要があります。

 

スポンサードリンク