第四銀行

第四銀行住宅ローン審査通過のコツ

第四銀行が提供をする住宅ローンには事前審査があります。

 

第四銀行住宅ローンの本審査を通過するためには、

 

まず、この事前審査に合格する必要があります。

 

事前審査は貸付を行う銀行によって行われ、

 

そこでの条件をクリアすることによって合格となります。

 

その後、信用保証協会等による本審査に回されることになります。

 

そしてよほどのことがない限り、

 

事前審査が合格となった場合には本審査においても合格をすることとなります。

 

第四銀行の審査を通過するコツとしては、

 

定められた条件に余裕を持った内容でクリアすることが最大の条件となります。

 

そのためには申込をする前には準備として確認が必要となる項目があり、

 

事前に行うことによって自分が希望した金額や、

 

額面が下がったとしても住宅ローンの審査通過につなげることができます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

まず、内容としては個人情報の取り寄せがあります。

 

これは、個人情報機関を利用することによって誰にでも取り寄せることができ、

 

借入等がない場合は別として、できるだけ取り寄せて確認をすることが必要です。

 

その理由としては、住宅ローンは金額が大きいために

 

金融機関も融資に対しては慎重に判断をすることと、

 

自分が、例えば、商品などローンなどの場合にトラブルになっていないと勘違いをしている場合があるからです。

 

代表的なものとしては買物でのローンやキャッシングがありますが、

 

特に注意をしなければならないのはスマホや携帯電話の延滞です。

 

ここでの料金は通話料として意識が強く、しかし、多くの人は端末代の分割代金を通話料と一緒に支払っており、

 

この場合に通話料を翌月に繰り延べてしまうとローンの延滞とみなされてしまうことになります。

 

他にも公共料金や税金があり、未納や延滞の場合には審査に不利になってしまうために、

 

申込をする前には必ず処理をしておくことが大切です。

 

次に、融資額があります。融資は年収から判断をした返済可能額によって決定されますが、

 

マイホームの夢のを追いすぎるためにあまり高額の場合には審査が難しくなり、

 

場合によっては通らなくなってしまいます。

 

一般的にフラット35などでは返済比率が決まっているために、

 

事前に計算をして確認をしておくことが必要です。

 

金融機関では返済能力の他にも、会社での勤続年数や年齢なども判断材料とされます。

 

特に住宅ローンでは返済期間も長くなるために金融機関がとるリスクも大きくなり、

 

そのために年齢や、合わせて健康状態も判断材料とされます。

 

借入を計画する場合には、様々な内容を想定して事前に対応策を練った上で、

 

申し込むことが審査を通すコツとなります。

 

 

スポンサードリンク