山梨中央銀行住宅ローン審査通過のコツ

山梨中央銀行住宅ローン審査通過のコツ

山梨中央銀行住宅ローン審査は、通過のコツを抑えておくことも大切です。

 

山梨中央銀行は山梨でも信頼のある金融機関です。多くの山梨県民は中銀を利用していますし、地域の銀行としても信用があります。生涯を通して中銀に、金融に関してお世話になる家庭もありますし、住宅ローンを組む時にも利用することはあります。ただ県民だからということでローンが通るかというと、そういうわけではありません。基準がありますから、そこを満たすことがまずは大事です。

 

ローンの借り入れができるのは、満20歳以上の年齢であり、満66歳未満の年齢であることが条件の一つです。完済の年齢としては、80歳未満であることも必要です。親子連帯責務の場合だと、親の年齢は借り入れの時76歳未満であること、子供の年齢は20歳以上から満66歳未満、完済のときの年齢が満80歳未満であることです。夫婦連帯責務であれば、両方とも借り入れの時の年齢が、20歳異常66歳未満であり、さらに完済のときの年齢が満80歳未満であることも必要です。

 

ローンを通過させるためには、こうした利用条件を満たさないと話になりません。軽視することなく、自分はその資料条件に適切かどうかを、冷静に判断をしましょう。仕事という面もチェックされます。勤続年数としては、1年以上あることが必要であり、収入は安定していることも必要です。個人事業主であったり、会社を経営している人であれば、期間は3年以上になります。ローンを借りるに当たり、返済ができるかどうか、収入は非常に重要です。

 

住宅ローンの審査では、高仕込みをする時の年齢と、完済の時の年齢は、通過するコツの一つとなります。借り入れ年齢は、遅いよりも早いほうが負担は少なくてすみますし、貸す法としても若い方が働くことができるという点で有利ではあります。あまり年齢が恒例となると、ローンが簡単に組めるかと言ったら、厳しい面もあります。年収と返済負担率もチェックがあります。年収に応じて、返済負担率も変わるので、この辺も考えることです。

 

ローンを通るコツとして、ほかの金融からの借金は、できるだけ返済を済ませておくこともあります。ローンを組む時には、ほかのカードローンなどの借り入れも合算して計算されます。審査で振りにならないよう、ほかの借り入れは返しておくことです。また、住宅ローンの審査をスムーズに通すためには、健康状態も良いものにしておくことは大事です。

 

スポンサードリンク


 

住宅ローンを変動金利で組むリスク

住宅ローンを組むときに不動産会社からすすめられて変動金利型で組む人が増加しています。現時点での返済額が低く抑えられるので住宅ローンを組むというハードルがかなり低くなるからです。

 

住宅ローンを変動金利で組むにあたってリスクはないのでしょうか。今低金利の時代なので変動金利型の住宅ローンを組んでおいて金利が上昇したら固定金利に借り換えようと考える人もいるかもしれませんが、これには無理があります。短期固定金利や、変動金利でローンを組む場合は、短期プライムレートという日銀の政策金利から出る金利が決定されます。

 

つまり、日銀が金利を据え置くという姿勢でいる限りは、住宅ローンの金利は上がらないわけです。一方長期固定金利は短期金利のように誰かが決定しているのではありません。さまざまな要因によって金融市場において決まるものであり、長期金利は短期金利よりも先に上昇する傾向があります。

 

変動金利の上昇を見てから長期金利に借り換えようとしてもそのときすでに長期金利が上がっている可能性が高いのです。変動金利型の住宅ローンを組む場合には今後の金利動向の予測が必要です。

 

金利がある程度上昇しても返済ができるという人なら問題はありませんが、今後家庭の支出が多くなっていくという人はしっかり試算しましょう。変動金利の住宅ローンを、低金利の時代に借り入れれば返済はしやすくなるかもしれませんが、10年後、20年後のことも想定の中に踏まえておくことも重要です。