山形銀行住宅ローン審査をどうしても通りたいならこのポイント

山形銀行住宅ローン審査をどうしても通りたいならこのポイント

山形銀行の住宅ローン審査通過のコツについてポイントを挙げてご説明します。

 

ポイントの一つ目に、常日頃から銀行との関係を強化しておくこと。

 

住宅ローンの審査は基本的に提出した書類によって行われますが、額が額ですので、審査は慎重にならざるを得ません。

 

普段から山銀を利用していれば取引状況が分かりますし、

 

過去に別のローンサービスで契約をきっちり守っていれば、書類外の資料となります。

 

銀行としても契約を守ってくれる人にお金を貸したいのは当然ですので、過去の行いがそのまま説得力になるわけです。

 

山銀では取り引き状況に応じて金利の優遇がありますので、

 

常日頃から良好な関係を築いておくことはプラスになりはすれ決してマイナスにはなりません。

 

二つ目に、山形銀行のローンサービスの種別や内容をしっかりと把握しておくこと。

 

「住宅ローンは難しい!」と仰るかも知れません。「窓口で訊けばいい」と思われるかもしれません。

 

しかし、必要最低限の情報を把握し、自分のニーズに合致しているかどうかの判断は必要です。

 

銀行側はサービスの情報を提供し必要があれば詳細まで説明をしますが、

 

最終的にそのローンサービスに申し込むかどうかは顧客の判断になります。

 

当然です。銀行側は顧客の話を聞いた上でBというプランが適切だと考えても、

 

顧客が「Aじゃなきゃ駄目だ!」と言うなら、無理矢理Bを申し込ませることなどできません。

 

住宅ローンと一言で言っても山銀には幾つかのプランがあります。

 

家に関する資金作り一つにしてもどれがニーズに合致するか、

 

生活スタイルや給与によって変化することは必要最低限頭に入れてください。

 

新築か中古か。リフォームか。家に関するローンでも、目的によって必要なサービスは変化します。

 

もし可能であれば、金利が有利なサービス、申し込み後に特典として別サービスに申し込めるかどうか、

 

住宅購入資金に向くプラン、リフォームに向くプラン、

 

このあたりはウェブサイトや銀行のサービス説明書で確認しておいた方が望ましいです。

 

住宅ローンは額の大きい融資。

 

自分にはこのプランが合っていると胸を張って書類を出せるくらいであれば、審査が通るのも難しい事ではないでしょう。

 

以上の二点ですが、これは山形銀行だけでなく全ての金融機関のローン審査に対してアドヴァイスできるポイントです。

 

銀行と信頼関係を築いておく。

 

申し込みをするサービスの概要はきちんと頭に入れておく。

 

この二点。

 

とても重要なことなのでチェックしてみてください。

 

スポンサードリンク