外壁塗装、リフォーム費用は住宅ローン借り換えで無料!?

外壁塗装、リフォーム費用は住宅ローン借り換えで無料!?

外壁塗装や、リフォームは非常にお金がかかりますよね。

 

【リフォーム初心者の方のよくある疑問】

 

・どこの業者に頼んだらいい川からない

 

・リフォーム金額本当の話とは

 

・リフォーム金額を極限まで安くするには

 

・工事店とリフォーム営業会社の違い

 

・工事トラブルとは?

 

【外壁塗装の基礎知識】

 

・外壁を塗り替えなければならない2つの理由

 

・依頼先によって大きく変わるのが塗装工事のお値段

 

・保証書を信用しすぎない

 

・塗料の種類と耐久性

 

・業者の言いなりにならないための塗料選び方

 

・塗装工事の流れ

 

リフォームと外壁塗装で知っておくべきことはたくさんあります。

 

知って得すること

 

知らなければ損すること

 

がありますのでチェックしてください。

 

スポンサードリンク


外壁塗装の価格って会社毎に違うのか?

外壁塗装の価格が会社によって変わるのは、相場が曖昧だからです。同じ坪の家なのに自分たちの方が費用が高かったなど、クレームが来るのを恐れてあえてホームページでは公表しない会社もあります。たとえ適正価格を請求しても、数十万円も違うことがあります。

 

会社によって人件費が異なることも考えられます。塗装する作業だけでなく、足場を設置したり養生、高圧洗浄、外壁の補強なども外壁塗装に含まれます。会社がどこまで施すか決めるので、時間や人数に差が出ます。ハウスメーカーに依頼すると、実際に施行するのは下請け業者なので、ハウスメーカーのマージンを含めると価格が高くなります。

 

見積もりが高い業者を避ける人もいますが、経験の少ないアルバイトで人件費を減らしたり手抜き工事で時間を短縮したりと、不当に安くする場合があるので、施行の規模から妥当な費用か判断します。また会社は利益を出すために仕事を受けているので、会社が目標とする利益でも変わります。

 

これは会社の方針が大きく関わってくるので、ホームページなどに安いと宣伝していれば、予想以上に高くなるのを防げます。使用する塗料も費用を左右します。シリコン塗料とウレタン塗料で違うのは当然ですが、同じようにシリコン塗料を使っていても見積もりが違うケースがあります。

 

これはシリコン塗料には様々な種類があり、高いものから低いものまで幅広いです。価格が倍以上違うシリコン塗料もあり、耐久性や変色しないなど、機能的な面で優れています。1つのメーカーで10種類ほどのシリコン塗料を販売することもあり、見積もりをもらった会社が同じメーカーの塗料を使っていれば、相場からどれくらい離れているか分かります。

 

さらに実際に坪数を測らないことも価格の違いをうみます。家の形は真四角でないことが多く、坪数が大きくても角が少ない家と、坪数は小さいがいくつも角がある家では、施主から坪数を聞いただけでは正確な見積もりを出すことができません。

 

坪数だけで見積もりを出すのは、会社の仕事が減るからで、施主のほとんどが坪数をすぐに答えることができます。

 

しかし角があると外壁の面積が増えるので、実際に家を訪れて測った会社と、そうでない会社では誤差が出ます。見積もりが安いからと実測しない会社に頼むと、見積もりの時点で挙げられなかった材料費や人件費が追加されるので、場合によっては他の会社より高くなる可能性があります。

 

スポンサードリンク


外壁塗装の価格相場ってどこで調べればよい?

一般的に外壁塗装に関しては10年程度が経過してしまうと塗り替えを行うことが必要とされていて、その理由の中には塗料が新しい間に関しては雨降りの日でも水弾きが良い状態を保つことができるので、撥水効果によって住宅全体を保護することができます。

 

しかし、古くなってしまうと表面の艶なども無くなってしまい、塗膜が劣化してしまうばかりか、放置してしまうと外壁の下地を濡らしてしまうことがあり、雨漏りの原因になる可能性があります。特にモルタルやコンクリート、他の塗り壁などの素材の場合ではひび割れが起きてしまうこともあり、外壁塗装と同時に下地を補修することで住宅を長持ちさせることができます。

 

このことから、外壁塗装は住宅にとって非常に大切な内容とされているのですが、実際に専門業者などに依頼を行う場面では、価格面が気になってしまうことがあります。価格に関しては相場というものがありますが、この点に関しては業者間で大きく異なっていることも事実になり、利用者側からすると適正な料金を把握することが難しい場合も見られます。

 

価格相場を調べる方法の中には、1社だけではなく複数の業者に診断を行ってもらい、その場で見積もりを提示してもらう方法で相場を把握することはできますが、現実として何社もの業者から見積もりを得ることが困難に感じてしまう方もいます。

 

このケースではインターネットを使って調べてみる方法もあり、各業者が用意しているホームページなどを参照した上で、提示されている価格を見て判断する方法もあり、いくつかの業者のホームページを見比べてみる方法があります。この方法の中には既に利用された方の事例などが掲載されていることもあり、事例を見ながら確認することも良い方法です。

 

一方でインターネットには便利に使えるサービスが用意されていて、その中には外壁塗装にも対応している無料の一括見積りサイトなども使うことができます。使い方は簡単で、住宅の建っているエリアを選択する内容、床面積を選択する内容、工事を施工する場所を選ぶ内容で簡単に診断することができるサイトが存在しています。

 

このようなサイトの中には匿名で利用できるように配慮しているものがあり、専門業者から勧誘などを受けることなく純粋に価格相場を判断することに向いている方法です。また、気になった業者を見つけることができた場合では、施工依頼を行うこともできるので、非常に便利に使えるサイトとして挙げることができます。

外壁塗装を安い価格で済ませるためには

住宅の外壁塗装については、定期的なメンテナンスが必要とされている部分なので、一定の期間が経過してしまい、外壁に何かしらの損傷や塗膜の劣化などが出ている場合では速やかに外壁塗装を行うことで住宅を長期的に守ることができます。

 

しかし、塗装に関しては一般的な一戸建て住宅を例にしても60万円程度から100万円を超えてしまうような施工内容もあるので、利用者は予算に合わせて施工を依頼することが何よりです。外壁塗装を安い価格で済ませることを希望されている方も多く、その方法では事前に専門業者に問い合わせを行って見積もりを貰う方法が良い方法です。

 

インターネットを利用してみて、住宅の建っているエリアで営業をしている専門業者をいくつか探し出して見積もりを貰う方法も用意されていて、実際に専門業者の間でも異なる価格を提示してくることも多いものとして知られています。実際に見積り額を把握した上で、その中から最安値の専門業者に依頼する方法で納得できる施工を済ませることができますが、実際には外壁塗装の場合では安い価格に設定する場合ではいくつかの要素が絡んでくる場合があります。

 

代表的なものでは選ぶ塗料によって大きく価格が変わります。安い費用で済ませる方法の中には、ランクの低めの塗料を選ぶことも一つの方法になり、フッ素やシリコンの場合では高めに推移していることになるので、アクリルやウレタンなどを利用する方法で料金を低く設定することもできます。

 

足場設置費用や外壁の洗浄作業から養生作業など、付随している各作業に関しては省略することができない部分になることから、見積書などを見る場合では、総費用を必ず確認することも大切な内容とされています。状態次第ではDIYとして自主的に施工する方法で経費を随分と安くすることができますが、DIYの場合では技術力の他にも、足場を安全に確保することが難しい部分になり、施工日数など手間も大きくかかってしまうデメリットがあります。

 

そのため、専門業者に依頼を行って安くすませることを考えている方ならば、やはり複数の業者に問い合わせを行った上で、的確に判断することが望ましい方法です。

 

尚、あまりに安い価格を提示してくる業者の場合では、実際に使われる塗料の質などに問題が生じる可能性もあることから、常に適正な料金を把握した上で業者選びを行うことも推奨されています。通常では使う塗料を選別する方法で安く済ませることは可能です。

外壁塗装費用を借り入れしたい!お金が足りないケースにはどうしたらいい?

住んでいる住宅が古くなってきたら、劣化が気になる部分が出てくるでしょう。特に住宅の外観は人の目に触れる部分ですから、劣化したまま放っておくわけにもいきません。

 

特に劣化していることが分かるのが外壁です。外壁の塗装が汚くなっていたりヒビ割れが目立つような状態では住宅の価値が一気に下がってしまうので、必要に応じて外壁塗装を施しましょう。

 

外壁塗装は専門の塗装会社に依頼して行うことになりますが、塗装部分の面積や劣化の状況などによって費用は大きく変わってきます。また使用する塗料にも違いがあり、耐用年数の長い塗料を選べばその分費用も高くなります。
外壁塗装は比較的値段の安い塗料を使用したとしても、数十万円という金額になります。もちろん質の良い塗料を使えばさらに高くなり、百万円を超える金額になることも考えられます。

 

これだけの金額を一度に支払うことは難しいという方は少なくないでしょう。お金は一括で支払わなくても、銀行で借り入れをして分割で返済するという方法もあるので心配することはありません。たとえ百万円を超えるお金が必要だとしても、長めの返済期間を設定すれば毎月無理のない金額で返していくことができます。

 

銀行で借り入れをするときは、リフォームローンを利用することになります。住宅を購入するときは住宅ローンを利用しますが、外壁塗装や増築、改築などの工事にかかる費用はリフォームローンを組むことができます。

 

リフォームローンは多くの金融機関で取り扱っているので、普段利用している銀行で組んでもいいですし金利が低い銀行を探してみるのもいいでしょう。現在住宅ローンを組んで返済しているという方は、住宅ローンと同じ銀行でリフォームローンを組むと有利な条件で組める可能性があります。一度銀行の窓口に行って相談してみましょう。

 

リフォームローンを利用するためには、外壁塗装にかかる費用が証明できる書類を提出しなければなりません。塗装会社が出した見積書や契約書などの書類を用意して銀行に提出しましょう。また本人確認書類や収入を証明できる書類なども必要です。源泉徴収票や給与証明書といった書類を求められるので事前に用意しておくとスムーズに進められます。

 

リフォームローンも住宅ローンと同じように審査が行われます。審査に通らなければ融資を受けることができませんが、審査に通ったとしても減額されるケースもあるので注意が必要です。減額された場合は借り入れ額で実施できる範囲のリフォームを行うことになります。