埼玉りそな銀行住宅ローン審査の秘訣

埼玉りそな銀行住宅ローン審査の秘訣

埼玉りそな銀行住宅ローン審査の秘訣住宅の購入費用として住宅ローンを組みたいと思っていたとしても、

 

銀行へ足を運んで所定の手続きをするだけでは融資を受けることはできません。

 

埼玉りそな銀行で住宅ローンを組み、お金を融資してもらうには埼玉りそな銀行があらかじめ設けている所定の審査基準にクリアしなくてはならず、

 

その審査に通らない限り住宅ローンを組んで融資を受けることはできません。

 

一般的に住宅を購入する際には、その手続きの一番最初の段階で住宅の売買契約を結び、

 

その後で住宅ローンを組むという順番になります。

 

そのため、住宅の売買契約を結んでいるにもかかわらず、ローンの審査に通らなかった場合、住宅の売買契約はキャンセルしなければなりません。

 

せっかくの住宅の購入という大切な機会を、ローンが組めないことでキャンセルすることのないように、

 

住宅ローンの審査についてあらためて詳しく知っておく必要があります。

 

ローンの審査ではまず、職業や年収などが最初に問われるポイントとなってきます。

 

職業に関しては可能な限り勤続年数が長いほうが審査には有利に働き、

 

収入面については長期的に安定したものであることが必須条件となっています。

 

なぜならば、ローンの支払いは何十年という長期間に及ぶものなので、

 

その期間中欠かさずに支払いを続けておかなくてはならないので、

 

頻繁に仕事を変えるような人やその時々によって収入に大きな変化のある人の場合、

 

返済能力に疑問符が付けられてしまうからです。

 

また、ローンを組む際には団体信用生命保険へ加入することになり、

 

万が一、ローンの契約者が死亡してしまったときには保険金でローンの支払いがされることになりますが、

 

そのようなことがないように契約者本人が健康体であることも重要なポイントとなってきます。

 

また、ローンの審査に通るためには、個人信用情報についても気をつけておく必要があります。

 

現代社会では現金の代わりにクレジットカードを使用して買い物をする場面が多いですが、

 

このようなクレジットカードの使用に関しては個人信用情報機関へすべて履歴が登録されるため、

 

クレジットカードの利用代金の支払いが遅れてしまったり滞りがちであった場合には、

 

そのことが個人信用情報機関へ事故情報として登録されてしまうことになります。

 

このような支払いの遅れや滞納の履歴がある人の場合、

 

お金にルーズである・経済状態があまりよくないと判断させることになってしまい、

 

埼玉りそな銀行で住宅ローン審査の結果に大きく響くことになってしまいます。

 

そのため、日常的にクレジットカードを使用している人は、支払いに遅れなどがないように気をつけておく必要があります。

 

【埼玉りそな銀行住宅ローン以外のおすすめ銀行住宅ローン】

 

三菱東京UFJ銀行住宅ローン

 

三井住友銀行住宅ローン

 

みずほ銀行住宅ローン

 

埼玉りそな銀行住宅ローン審査の秘訣

 

 

スポンサードリンク