千葉興業銀行 住宅ローン審査通過のコツ

千葉興業銀行 住宅ローン審査通過のコツ

住宅ローンで住宅を買うことは、人生の一大イベント、審査通過のポイントについて押さえることが肝要となります。

 

千葉興業銀行の住宅ローンは、借入限度額1億円 までと他のメガバンクや大手銀行とほぼ同水準です。

 

ちば興銀には、主流となっている変動金利、固定金利 から選択できるタイプが用意されています。

 

千葉興業銀行を含め地銀、メガバンクともローンの審査は、申込者の年齢、年収、勤務先の状況、借り入れ状況、健康状態、担保物件の評価額、権利関係について審査が進められ、融資が可能であるか否かが決められます。

 

実際にローンを借りる際のコツの第1ははまず、完済時年齢、つまり全て返済した時の借り手の年齢です。

 

年を重ねると病気によるリスクも高まりますので、働き盛りの30-40代がベスト年齢といえます。

 

家庭的にも丁度子供が大きくなる頃で、勉強部屋など広い間取りの家が必要になる時期でもあり、家計的にも勤続年数が10年を過ぎ仕事も安定し、多少なりとも貯金が貯まる時期とも重なります。

 

その時期に 融資金額と収入のバランスが取れた住宅ローンを組むことが、住ローン審査に無理なく通る時期だといえます。

 

住宅ローン審査に通るコツの第2番目は、決して背伸びや無理をしないことです。

 

「予算オーバーの物件を買ってしまう」「将来の収入見込みを甘く見積もってしまう」など住宅ローンで背伸びや無理は禁物、人生を狂わせることになる場合もあるからです。

 

通常、融資条件として購入する物件を担保にしなければなりません。

 

取り扱い金融機関が仮にちば興銀であれば、第一抵当権者はちば興銀となります。

 

つまりローンを融資する金融機関が、対象物件である土地や建物の不動産評価を行い、その評価額に見合った金額が融資額となるのです。

 

この際審査の対象は不動産の評価額だけではなく、抵当などの権利関係や建築基準法などの諸法による規上の問題がないかも重要な要素となります。

 

一戸建て住宅の場合などは、稀に土地や建物に抵当権などの権利関係の問題や、建築基準法などの法規上の不備や違反が見つかる場合があります。

 

以前の所有者の抵当権がまだ解除されていない場合や、建築基準法によって、家屋が法で定める基準を満たしていない場合や、そもそも本来は建物を建築する基準を満たしていない土地であることが判明する場合があるからです。

 

この様な場合は、仮にその他の条件が揃っている場合でも、審査をパスすることは難しくなります。

 

以上のような事前の入念な確認と堅実な計画性が審査を通る鍵となります。

 

 

スポンサードリンク