北都銀行住宅ローン審査通過のために知っておきたいこと

北都銀行住宅ローン審査通過のために知っておきたいこと

ほとんどの銀行がそうなのですが、住宅ローン審査には、それまでその銀行を利用していたか?

 

という部分がとても大きく影響します。審査通過のコツは普段から銀行と親密におつき合いするという点です。

 

いきなりおつき合いのない銀行に行って「ローンをお願いします」では、

 

銀行の方も「この人はどんな人なのだろう?」「ちゃんと返済してくれるのだろうか?」と困ってしまいますよね。

 

それまで取引のある方ですと、

 

履歴や残高、サービスの利用状況をチェックすれば銀行側も書面で把握しきれない部分を見ることができますので、やはり、ローン審査は通りやすいでしょう。

 

当然ですが、貸し付けが多すぎる方は審査の段階ではねられてしまうことになります。

 

ですので、お金を借りているかどうかという点も審査が通るためのポイントと言えます。

 

北都銀行には幾つか住宅ローンの取り扱いがありますが、中でも魅力なのは金利優遇のある「すまいる応援団!プラス」でしょう。

 

このローンの申し込み条件を確認しますと、

 

北都銀行を給与振込銀行に指定している、貸金庫を利用している、年金の振込先に指定している、

 

公共料金の自動引き落としを二件以上指定している、カードローンの契約を結んでいる、積立定期か定期貯金いずれかの契約があるなど、

 

七つの項目の中で三つ以上当てはまる方でなければいけません。つまり、既に北都銀行ときちんとおつき合いのある方でなければいけないのです。

 

金利を優遇するのだから当たり前とも言えるのかもしれませんが、銀行の方も既におつき合いのある方の方が安心であることは言うまでもありません。

 

ローンを組むのですから、仕事の状況も重要です。

 

勤続年数が一年に満たない方はそもそも住宅ローンの契約すら難しいですし、一年半でもやはり審査の段階で難色を示されることでしょう。

 

ローンとはつまりお金を借りること。そして、決まった額を返してゆくことです。

 

勤続年数が短いと、審査の段階で銀行側は「この人はこれから先もきちんと会社に勤めてお給料をもらうことができるのだろうか」と不安になってしまいます。

 

お給料がなければお金を返してもらうことが難しくなるわけですから、銀行側が慎重になるのは当然です。

 

ですので、勤続年数が長いという点は、審査の際にプラスに働くわけです。

 

これは一朝一夕にどうにかなるものではないので、日々の姿勢が審査に有利に働くということです。

 

また、地方銀行は、設立から現在に至るまで地域に密着して営業を行い、成長してきました。

 

地元に家を建てるためにローンを組むことも、審査通過のためのコツと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク