住宅ローンの審査基準 審査に通らない理由とは

住宅ローンの審査基準 審査に通らない理由とは

住宅ローンの審査基準 審査に通らない理由とは

住宅ローンの審査基準について知っておかなければならない点についていくつか調べてみました。

 

マンションや、一戸建てを購入する時には、住宅ローンを組む必要があるという人はたくさんいるようです。

 

普段のちょっとした買い物と違って、家を買うとなると大事業です。

 

ローンがなければ、購入資金を調達できません。

 

金融会社は、住宅ローンの融資を行える顧客かどうかを判断するために、返済能力の審査をします。

 

 

審査を通貨することができなければ、どんな金融機関でも、住宅ローン融資を行うことはありません。

 

長期にわたって返済をすることになりますので、その間の返済能力が確実にあることが大事になります。

 

返済能力を評価するには、まずは安定した収入があるかどうかです。

 

勤めている会社が安定している企業であるかどうかを調べます。

 

キャッシングの利用履歴を確認し、信頼できる人物かという点も、審査では重視されます。

 

金融会社は、申込み者のローン利用履歴を信用情報会社から取得し、

 

問題を起こしたことがないかどうかを調べることができます。

 

借りたお金を返しきれなかった経歴がある人は、住宅ローンの新規申込みをしても、審査で断られることが多いようです。

 

他社からのキャッシングの返済が終わっていない状態で、住宅ローンの申込みをすると、審査では不利に判断するローン会社もあります。

 

返済が済んでいても、まだキャッシング会社の契約が継続していることがあります。

 

契約を解除して、新しく借り直しができない状態にしてから、住宅ローンの申込みをしましょう。

 

スポンサードリンク


住宅ローンの審査に通らない理由

住宅ローンの審査基準 審査に通らない理由とは

一戸建て住宅やマンションを購入する際には、ほとんどの方が住宅ローンを利用します。

 

住宅ローンから融資を受けるには、まずは金融機関に申込みをして、希望額の融資をしてくれるところを探す必要があります。

 

金融機関の融資を突破しなければ、希望額の融資を受けることはできないためです。

 

勤続年数や、年収などが住宅ローンの審査では重視されますが、その他には、年齢が理由で審査が通らないことがあります。

 

長くて完済まで35年かかることがある住宅ローンですが、それだけに、申込み者が返済時に何歳になっているかも大事です。

 

住宅ローンを返し終わった時に申込み者が80歳以上の場合は、審査が通りにくくなるといいます。

 

そのため、完済までの期間を短くせざるをえなくなりますが、そうなると月々の返済金額が多くなります。

 

年収の35%を越える返済負担になると、審査は通りづらくなります。

 

住宅を購入するなら、収入が無くなる定年の前までに完済できるようなローンを組まなければ、老後の生活が心配になります。

 

審査をクリアすることだけでなく、ライフプランも込みで考えると、早い段階で住宅ローンを組んだほうがいいのかもしれません。

 

給料が安定していると判断されるには、今の会社に一年以上勤めていて、収入という実績を積んでおくことが必要です。

 

融資を行う金融会社のほうは、貸したお金が返ってこなければ大損ですから、審査で返済能力を見極めることは大事なことです。

 

提出が必要な書類も多くなり、手続きもややこしくなるのが、住宅ローンの申込みです。

 

先々のことを見越した上で、住宅ローンの申込みをして、審査を受けるようにしてください。

 

スポンサードリンク


住宅ローンの審査方法について

住宅ローンの審査基準 審査に通らない理由とは

夢のマイホーム購入に現金で一括で購入するという人は少なく、住宅ローンなどをマイホーム購入に充てるという人がほとんどです。

 

ただし、金融機関は審査に通った人にしか、ローンを組みません。

 

審査に通らなければ、家を買えないという事になります。

 

家を新しく買う時には、住宅ローンの審査について事前に調べておき、融資を利用できるようにしておきたいものです。

 

住宅ローンを組む時には、最初に、これから買う家を決めなければいけません。

 

購入する物件を決定してからでないと、住宅ローンの申込みをすることができません。

 

購入する家を決めてから、金融機関に住宅ローンの事前審査をするように依頼します。

 

正式に住居の購入手続きをする前に、住宅ローンの利用が可能かどうかを判断します。

 

事前審査の結果が出るには、1〜3週間を要します。

 

事前審査の結果を得てから、住宅メーカーや工務店との売買契約を結ぶことになります。

 

家を買うために契約を交わすことで、最終的な購入金額が決定します。

 

そこでもう一度、住宅ローンの本審査を金融機関が行うことになります。

 

約1週間の本審査を経て、問題なしと金融会社が判断すれば、住宅ローン融資が利用できます。

 

高額融資で、返済も長期にわたることから、住宅ローンの審査は大がかりになります。

 

必要な書類を揃えるだけでも結構な時間がかかることもありますし、提出書類に手落ちがあれば、

 

直したり、確認したりでさらに時間を要します。

 

特にトラブルなく手続きができた場合でも、1カ月は必要です。

 

時間的な余裕がなくてばたばたになってしまわないよう、余裕をもって話を進めましょう。

住宅ローン控除という制度について

もしも、不動産を新しく購入する際に、住宅ローンの申し込みをするつもりでいるなら、住宅ローン控除についても調べましょう。

 

もしも、住居を新しく購入する時に住宅ローンを使うことになったのに、住宅ローン控除について知らないと、気づかぬうちに損をします。

 

もしも、これから家を購入し、住宅ローンを利用したいという人がいた時は、支払い負担を緩和するための控除を使うべきでしょう。

 

その年の末の段階で住宅ローンの残高と、家の取得対価を比較し、少なくなった方の金額の1%を、

 

所得税から10年間引いてくれるという仕組みです。所得税だけでは、控除額をカバーしきれない時には、

 

一定金額までなら住民税からも引くことができるので、節税をしたいという時にはとても助かります。

 

購入した家に住み始めた年が計算のスタートになりますし、住宅ローン残高を確認する時にも、金額は上限額が決まっています。

 

家を買った時期によって、住宅ローンの控除額は大きく左右されることになりますので、ある程度の目星はつけておくといいでしょう。

 

現時点では、住宅ローンの控除は400万円までとになっていましたが、平成26年までは、住宅ローンの控除は200万円と定められています。

 

平成26年を境に住宅ローンの控除額が大きく変わったのは、消費税率が変わったことが控除見直しのきっかけになっています。

 

もしも住宅ローン控除を利用したいなら、確定申告の手続きを自分でしなければいけませんので、内容を知っておくことが大事です。

 

住宅ローン控除について調べ、確定申告用の書類の作成が面倒だと思う人もいますが、便利な仕組みは使うに越したことはありません。

 

住民税や、所得税を、住宅ローンの控除によって軽減することができれば、

 

以後は住民税や、所得税の支払いがきっと楽になるでしょう。

 

住宅ローン控除の対象金額と還付金の計算方法

これから住宅ローンを組もうとしている人にとっては、住宅ローン控除の金額がどのくらいなのかは、興味がある事柄ではないでしょうか。住宅ローン控除については、還付可能な金額や、気をつけたいことについては、よく知られていません。

 

住宅の新築時や増改築時に住宅ローンを組む際に、一定の要件を満たしていれば、住宅ローン控除の対象となります。住宅ローンを組んで、購入した住宅に住み始めてから10〜15年の間、所得税の税額から差し引くことができます。

 

もしも、この時に還付金が生じた場合は、必要な書類を税務署に提出することで、還付手続きを行うことが可能です。一旦は納付した税金の一部を、還付金として戻してもらうというシステムですので、申請をしないと自分が丸損になってしまいます。

 

住宅ローンの融資を受けた年の末に、返済残高どがどのくらい残っているかを確認して、住宅ローンの控除額を決定します。その家で暮らし始めた年と、何年経っているかで割合が異なっており、大体0.5%〜1.0%程度ということになります。

 

ただし、控除額には上限が設けられており、いくら高額な住宅ローンを組んだとしても、得られる控除額には限度があります。計算して得られた金額が上限より大きくなったとしても、それ以上は差し引くことはできないので、注意が必要です。

 

もしも、源泉徴収済みの税金が、控除できる金額よりも多くなっていれば、還付金として扱われる可能性があるといいます。

 

源泉徴収の金額と、住宅ローン控除等を合わせた税金の控除額とを比較した時に、還付の可能性がある人は、しっかりチェックしてみてください。

 

住宅ローンにおける税金の控除について

 

家を買う時にはどうしても大きな買い物になるため住宅ローンがとても重要ですが、住宅ローン控除についても同様に知っておきたいことです。

 

住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用すると、その年以降の税金が一部控除されるというものです。

 

会社に勤めている人は、年末調整の手続きを会社がしているため、確定申告に馴染みがないことが、その理由です。

 

住宅ローン控除という制度は、確定申告を行うことではじめて控除されるものであり、会社員によっては馴染みがありません。

 

住宅ローンを利用した人のうち、条件OKが出ている人なら、住宅ローンの残高に応じて、税金からの控除額が決定します。

 

完済まで10年以上を要するローンであり、

 

家を購入した目的が自分が居住するためでない限り、

 

住宅ローン控除の対象にはなりませんので要注意です。

 

具体的な税の控除額についても、住宅ローンの金額に応じた部分によって異なっています。

 

新しく居住を始めた年末の段階で、ローンの残高がいくらか算出し、その1%が控除額です。

 

けれども、住宅ローン控除を利用するためには、会社員の場合でも、

 

税務署の確定申告の手続きをしなければいけないことになっています。

 

確定申告を行うためには、建物・土地の登記事項証明書、建物・土地の不動産売買契約書の写し、

 

住宅ローンの残高を証明する残高証明書などが必要です。

 

勤めている企業が、今までは手続きをしていたので、

 

税務署に行って確定申告をしたことがないという人もいるようです。

 

どうすれば確定申告ができるのはよくわからないという人は、まずは税務署で書類の作成方法を尋ねるというやり方もあります。