みずほ銀行住宅ローン審査通過のコツ

みずほ銀行住宅ローン審査通過のコツ

 

みずほ銀行では、カードローンやマイカーローン以外にも住宅ローンを消費者に提供しています。

 

住宅ローンは、家を購入する時に便利な融資サービスであり、

 

家やマンションを購入する予定の人々がよく活用しています。

 

みずほ銀行の住宅ローンは、当初2年間の金利を年率0.35%から0.45%にして、

 

それ以後は年率0.19%の固定金利にする事が出来るようになっています。

 

当初2年間の金利と完全固定金利の適用割合は、融資サービスの利用者の都合によって選択する事が出来るようにコース設定が行われています。

 

借入金額の50%以下を金利0.35%にするコースと借入金額の50%超えから80%以下を金利0.45%にするコースがあります。

 

これらのコースを上手に使っていく事で無理をせずに返済が行えます。

 

固定金利部分は、年数によって多少変動するようになっており、固定31年から35年の場合、年率1.9%が掛かってきます。

 

逆に、固定11年から15年であれば、年率1.7%となりますので、早めに返済をした方が結果的にお得になります。

 

みずほ銀行住宅ローンを利用するには、申込み後に行われる審査を通過する必要があります。

 

みずほ銀行の住宅向けのローンの審査を通過する為には、年収や職業が大きなポイントとなります。

 

公務員や大企業の社員などであれば、収入が安定していると銀行のスコアシステムで判断される可能性が高くなっています。

 

また、自営業や経営者の場合は、年収が十分に高ければ、審査を通過する可能性は高いです。

 

他のローンで返済が滞っている場合や満70歳以上の高齢であれば、スコアリングが大幅に下がりますので、審査の通過が難しくなります。

 

ローンの審査を通過する為には、マイナスになりうる要因を取り払っていく事が近道となります。

 

銀行としては、確実に返済が行われる人々に融資を行いたいと考えているので、

 

その事を踏まえて、必要な書類を提出し、他のローンの返済が滞らないようにしておく事が大切です。

 

近年問題になっている事が携帯電話の代金支払いです。

 

スマートフォンなどを分割などで購入している場合にはローンとなりますので、支払いが滞った場合には、

 

信用機関に登録されてしまう恐れがあります。

 

信用機関に登録されてしまいますと、みずほ銀行の住宅ローンの審査にも影響が出てしまい、

 

審査が通らなくなりますので、支払いは確実に行っておくべきです。

 

返済能力があるという事を証明するのがローンの審査通過に最も大切な事です。

 

スポンサードリンク


 

 

みずほ銀行リフォームローン審査通過の秘訣

 

みずほ銀行のリフォームローンは、最高500万円まで借りることが可能であり、

 

返済は最長で15年です。それから毎月、金利を見直ししています。

 

したがって実際に利用を検討する際には、公式ホームページなどで最新の金利をチェックしておく必要があります。

 

ちなみに今月9月の最新の金利は、変動金利が年3.975%であり、

 

固定金利が年4.150%(借入期間10年以下)と年4.800%(借入期間10年超)となっています。

 

こんなみずほ銀行リフォームローンは、基本的に、既に一定の資産を持っている人が利用するローンと言えます。

 

ですから住宅ローンなどに比べれば、審査の難易度はそんなに高くはありません。

 

審査時にチェックされる具体的な項目も、住宅ローンの場合と概ね同じだと考えられます。

 

ただし、みずほ銀行リフォームローンのような比較的利用しやすい目的別ローン商品でも、

 

以前よりも経済状態が悪くなってしまっていたり、

 

あるいは他の様々なローン商品を利用中だったりすると審査難易度が一気に上がってしまうことがあります。

 

ですから審査の秘訣を考えると、他のローンは可能な限り完済しておくことです。そ

 

れから、一連の申し込み手続きでは書類不備や記入ミスなどには注意することでしょう。